2015_01
27
(Tue)10:55

法然さんと親鸞さんのちがい。

細菌、ちがった、最近、こんな記事が出てたよ。

「浄土宗、教科書にものもうす」
(新聞記事なんて、そのうちにリンクがなくなるから、画像も貼っておきまひょ。)
法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ(1 3ページ) - 産経WEST
SnapCrab_NoName_2015-1-27_9-16-48_No-00.png


大学時代の後輩がFacebookにあげてたんだけど、
コメントに「浄土宗、ようゆうた!」と書いたら、

「法然さんと親鸞さん、どう違うの?」

と聞かれました…。

そんなややこしいこと、聞くか…。

うーん、FBのコメント欄では書ききれへんさかい、よし、ほなブログでお答えしまひょ!
よしよし、「待てブログ!乞うご期待!」と書きこんでぇ、からの…
あれ?何日たったっけ?

とまあ、すっかり放置プレーのブログ管理人ですが、ひさびさのアップです!

法然さんと親鸞さんの違い、ね。

それはもう、ハッキリ言って、



別人やがな!


とまあ、クダラナサさくれつの当ブログですが、めげないお方はお付き合いを。



うーん、正直、困ったなあ。なんでかと言うと、浄土宗と真宗はけっこう違うからであり、
私の友人たちである三河すーぱー絵解き座のメンバーは、多くが真宗の僧侶で、
彼らになら冗談交じりで
「浄土宗はこうなのに、なんで真宗はそんなんやねん!」と話せるんだけど。

ネットって、公共の場ですからねえ。どこのどなたさんが、いつの日に見るか、わからんからねえ。

おいそれと普段思っている悪口は書けませんからねえ。(←悪口思ってるんかい!)


というわけで。

当たり障りのない、波風を立てない感じで書くでやんす。(←ほぼ、波風を立てているぞよ…)


まあ、浄土宗の人も、真宗の人もうなずけるような部分を、端的に書くでやんす。

浄土宗のお若いけど優秀なHDKJ先生いわく、
「法然上人は阿弥陀仏の“法身を生け捕り”にしてくださった」と。

これ、いわゆる仏身論の問題なんですけどね。

つまりは、仏をどうとらえるか。

これには通説で、三種類ありまして。
いわゆる、
人がめちゃくちゃ修行して、それが報われ、覚りを開いて仏となるパターン。 これを報身仏(ほうじんぶつ)という。

体って煩悩のみなもとやから、覚ったらそれもなくなるんちゃう?目には見えん、姿かたちもない真理の世界そのものこそ、仏さんの体やで!
という、いかにも頭でっかちな感じでイメージされるんが、法身仏(ほっしんぶつ)。

じゃあ、お釈迦さんはなんやねん?最初は人やったでー?いやいや、あれはやな。法身の仏さんが、「よっしゃ、人間ども救ったろ」って、
おんなじ人の姿に変身して助けに来てくれたお体やでー、という、またまたユメみたいな主張ででてきたんが、応身仏(おうじんぶつ)。


この、
法身・報身・応身が、
仏の三身論というやつで、
プロ(坊主)はみーんな知ってるけど、
フツーの人はまったく知らんし、知らんでもええやつです。
(そこまでゆうて、ええんかいな)


ほんでやね。阿弥陀仏サマって、めちゃくちゃどでかい極楽の王様で、これまためちゃくちゃどでかいお体をしてはるんやけど、
ただ大きいだけやなくって、いろーんな功徳を身にそなえてはるんやけど。

法然上人の教えでは、
このすんごい仏さまが、
いわゆる人みたいなお姿で、念仏する人が死ぬときにお迎えに来てくれはる、
っちゅうことになっています。

なんやようわからんけど、イメージも湧くし、
アホな、バカな、ダメな人間でも、念仏さえしたらええんやから、簡単やもん、ありがたいわいなぁ。

この、いわゆる「凡夫往生、死後往生」の仏様こそが、法然浄土宗の説く阿弥陀仏様なんです。


ひるがえって、親鸞さん。
「仏さまに姿かたちがあるっちゅうんは、まあ方便とゆうか、コドモダマシみたいなもんでぇ、
ほんまの信仰者、信の一念がある者にとっては、目に見えず、姿かたちもない真理の世界そのもののお姿の阿弥陀仏様しかない。ほんで、この阿弥陀如来のお心は、誰でも救うぞ、やから、もうつまり誰もがみんな、救われとるんや!ご恩に報いて、感謝の念仏したらええんや!」といったご主張。

つまり、「現世往生、報恩謝徳の念仏」こそが親鸞さんの主張であり、姿かたちのない阿弥陀仏様こそが最上なんです。


ほら、どないでっか?
どえらい違いでっしゃろ。


ひとことでゆうたら、
法然さんは、お体のある阿弥陀仏様に救ってもらう教え。
親鸞さんは、姿かたちのない阿弥陀仏様に、もう救われているという教え。

わかりんこ?
スポンサーサイト
2015_01
05
(Mon)21:07

平成乙未の、ねんがじょーっ!!

「もう、ブログはおやめになられたの?」
と、
瞳を潤ませた乙女に言われたので、
あわてて書いてるでやんす。
(その人、風邪引いてただけじゃないの?と影の声)

でもまあ、なんだかシュミに忙しくって(←仕事のマチガイ)
なんの記事、書くだべなーというわけで、
今年の年賀状でお茶を濁すでやんす。
なんだか毎年、この時期にだけ、真剣に筆を執るようになってるなぁ・・・

今はネットの画像検索で、簡単に羊の写真が見られるから、デッサンの練習、簡単だなー。
でも、思ったイメージの羊は当然ながらないので、
いろいろ調べて描きまくったでやんす。
最終、ホネやね。骨格。

というわけで。
今年のネンガジョ、公開!

どうやって描いたかは、もったいぶってナイショにしとこうっと!

(絵をクリックしたら、絵が大きく見れるッス)

H27 年賀状 羊 moji
2014_05
11
(Sun)01:18

訳してみよう! 観音百籤 第三十三 吉

さて、前回のつづき。


観音百籤 第三十三 吉

枯木春逢艶(こぼくしゅんほうえん)
芳菲再発林(ほうひさいはつりん)
雲間方見月(うんかんほうけんげつ)
前遇貴人欽(ぜんぐうきにんごん)

枯れ木も春に逢えば艶(つや)やかたり
芳(かんば)しき菲(はなのかおり)も、再び林に発する
雲間(くもま)より方(まさ)に月を見る
この前(さき)、貴人(きにん)に欽(つつし)んで遇(あ)うだろう


この漢詩を、一行づつていねいに見ていきまっしょい!


「艶(つや)」
この字、今では“色っぽい”イメージやけど、
ここでは「あでやか、つやつやして美しい」といった意味で使われています。

「枯れ木も春に逢えば艶(つや)やかたり」
枯れ木みたいな枝に、ヴィヴィッドな花が咲き出して、
「お、枯れて死んでたかと思ったら、なんやびっくりするくらいきれいな色の花が咲き出しよったで!」
みたいな感じかな。


「菲(ひ)」
一文字だけだと、実は“かぶなどの仲間の野菜”とかいう???な意味。
これが「芳菲(ほうひ)」となると、
“花がかぐわしく匂う”という意味になるフシギ。

「芳(かんば)しき菲(はなのかおり)も、再び林に発する」
「林」って、「木が集まったやつ」なの。
この場合、「枯れたと思ってた木の集まり」ね。
つまり、
“あれやこれやと苦労が重なって、たいへんだった状況や思い出”と理解して読み直せば、
「なんかいろいろたいへんやったけど、苦労も実って、具合よく回り出したで!ってなとこ、かも。


「雲間方見月」の「方」は、「まさに…せんとす」。
「雲間から月が見えるのは…just now! 今でショ!」
ハイ。
「雲」も、「暗雲たちこめる」といった比喩もありますし、
“もろもろの困難”を表わすのでしょうなァ。
ちなみに。
観音百籤でよく出てくる「お月さま」は、
そのまま「ツキ・運」を象徴していることが多いです。

「雲間(くもま)より方(まさ)に月を見んとす」って、
「ようやくややこしい状況からぬけだして、ツキがまわって来た!今でショ!」てなとこ。


「欽」
この字、某大御所の芸能人のお名前にもある字だけど、
そもそも皇帝(天子)にまつわる尊い文字なんです。
「欽定(きんてい)」というと、天子がお定めになられたもののこと。
たくさんある仏教の経典を時の皇帝がお定めになられた「決定版」を、
「欽定大蔵経(きんていだいぞうきょう)」と言うでありんす。
「欽」自体の意味は、
“つつしむ、うやまう”。

「貴人」は、“身分の高い人”。
昔は身分制が厳然としてあったから、
リアルに「貴人」といった存在があったやろうけど
(今でもアッパークラスとか影の支配者とかあるっぽいけど)、
いちおう万人平等の現代では、
単純に言うと“目上の人”くらいに思えばええんちゃうんかなぁ。
さらに精神性を深めるならば、
その「貴人」とはすなわち「神仏」になるんではなかろうか、と。
“人を遥かに上回る、目上の存在”として。



ほな、これらをふまえてさらさらさらっと現代語に訳してみるでー。



冬木立も春が来れば息を吹き返し、芽吹きやがて花を咲かせる
花々の好い香りがまた林中に溢れ出す
苦しみの雲も途切れて月が出てきた
この先、神仏の恵みがいただけるだろう


どうでしたか?
そんなにムツカシクなかったでしょ?!


おみくじは、今の運気のある部分を気づかせてくれるもの。
すべてが当てはまるわけでもないし、一部でも参考になれば、それでええ。ってものです。
あまり神経質になり過ぎたり、
おみくじそのものに行動の決断などをゆだねてしまわないように。
あくまで自分の運勢は、自分で切り開くおつもり
でお読みくださるよう、お願い申しあげます。
2014_05
09
(Fri)04:52

おみくじを引かずに引く方法?! 

おみくじわぁー、
ボーのハコをガチャガチャふってぇー、
でてきたボーのスージをみてひくのがぁー、
いちばんいいんだけどさぁー。

はっ!地の喋り方が出てもうた!(←んなわけない)

ハイ、ボーがなくってもええやり方、ご紹介しときまひょ。
その名も、「孔明神数」。(諸葛孔明の編み出した占い?の簡易版らしいですが)

なんでもええから、ふたーつ、漢字を思い出してみて。

心に、浮かんだ?

だいじょうぶ?

ほな、それみーんな忘れてぇ。(←意味ねーだろッ!)

すんまへん、じょーだん、じょーだん。

二つの漢字の、「画数」を調べてみてくださいな。


たとえば、なんにしまひょ。


うーん。

「葱ねぎ」。アーンド…「韮にら」。(←深い意味はありません。悪しからず)

ええっと。

「葱」は、イチ、ニ、サン…と。13画やね。

それから。

「韮」は、と。あ、こっちも13画か。
おんなじやった。
まあええわ。


まず、最初に思いついた漢字が十の位。二番目の漢字が一の位。
で、それぞれの画数の一の位だけを使うんですって。

そうすると、今回は「33」。
というわけで、観音百籤の「33番」を見るでやんす。
すると、アーラフシギ、わたしの運気が書かれてるではあーりませんか!

と、まあ、
そもそも
「ボーの入ったハコ」はなくっても、
観音百籤のすべて書かれた「みくじ本」がなければ通用しないやり方

なのでした!
ゴメンネゴメンネー


まあ、お詫びに33番のおみくじだけ、解説しときまひょか。


観音百籤 第三十三 吉

枯木春逢艶(こぼくしゅんほうえん)
芳菲再発林(ほうひさいはつりん)
雲間方見月(うんかんほうけんげつ)
前遇貴人欽(ぜんぐうきにんごん)

枯れ木も春に逢えば艶(つや)やかたり
芳(かんば)しき菲(はなのかおり)も、再び林に発する
雲間(くもま)より方(まさ)に月を見る
この前(さき)、貴人(きにん)に欽(つつし)んで遇(あ)うだろう


そんなにムツカシクないよね。
これから、よくなりますぅーって感じ。
ちょと、見たことない漢字がはいっちょる、くらいで。

くわしい解説は、ちょっと長くなったので次回に。
2014_02
22
(Sat)11:01

百万塔陀羅尼、解説しまーす! その3 無垢浄光根本陀羅尼の分析で、きづいたこと。

この百万塔陀羅尼。

やっぱり、「世界最古の印刷物」の画像抜きではお話にならない、と思って、ちょっと画像も掲載させて頂きました。

「国立国会図書館貴重書展:展示No.2」からの貸し出しです。。

そして、前々回の記事に画像を追加し、
あのチンプンカンプンな漢字のところも少し整理しました。

陀羅尼のなかの小さな文字ですが、あれは
“こっちの文字でもええよ”といったところ。言い換え可能の部分。
(正確には、「より正確な発音に近い表記」といったところか)

ですので、例示すると、
無垢浄光経 根本陀羅尼 てい


底(顛以反下同)

は、「底てい」でもいいけど、もう少し正確にいうと「顛以てい」。
「反」は“換える”。
「下同」は、“以下、同じ”。


「弊べい」は、ほんとうは「毘也びや」。

「喃なん」は、「奴暗ぬあん」。

「戍しゅ」は、ほんとは「輸聿しゅっ」のほうが近いかも?
無垢浄光経 根本陀羅尼 ぬあん



とまあ、こんな具合のようでやんす。


「引」は、「伸ばす」ね。

莎(引聲)

だと、「さ」が「引く聲」なので、「さー」。

あと、ところどころにある数字は、単純に言うと“息継ぎをするところ”。
純粋に単語の切れ目や文の切れ目でもないんだけど、“ひとつの音節になっているところ”、といった感じかな。

細かいことはあと少しあるけど、もういいよね。



それよりなにより、内容がだいじ!

訳していて思ったのは、二つの特徴があるな、ということ。

一つ目は、呼びかけの尊格が二種類、ということ。

もう一つは、「精進力」「誓願」ということばへの想い。




まず最初に呼びかける尊格が、「七十七千万の御仏方」!
うーん、すごい数だ。。
「七」が重なるところも、意味深。

次いで、呼びかけるのが、我らが「阿弥陀様」!
やっぱ、ミダだよね~^^。


はじめの「七十七千万の御仏方」というのは、
もちろん「七」がマジカルナンバーで“無限”を象徴する、という理解もできますが
(今最も用いられている「十進法」ではなく、いわゆる「七進法」を表わしている、とも考えられる。
1,2,3,4,5,6,7と数えて、8ではなくまた1に戻る考え方。
身近なところとしては、音階のドレミファソラシ。八番目で、また最初のドに戻る。
ちなみに、時計は十二進法。
コンピューターの言語は十六進法で、
その大元のデジタル信号は二進法。)


単純に連想しますのは、準胝観音様(じゅんていかんのん)かなあ。
ちょっとマイナーかもしれないけど、「七観音」のなかのおひとりで、
異名が「七倶胝仏母(しちくていぶつも)」。
梵名「サプタコーティブッダ・マートリ」をそのまま訳すと、
「七千万の仏の母」。
ほら、「七」と、「千万」。おんなじでしょ!

「千万」の原語「コーティkoṭi」には、

「ten million 十と百万(=千万)」という意味のほかに、
「extremity 先端、きわみ、窮極」、
また
「end or top of anything 何事かの終わりもしくは始まり」

なんていう、哲学的な意味合いもあるでありんす。
ほかに、「horns or cusps」“牛かなんかの角”だって!

まあ、とがった先っちょ、最先端、みたいな感じなのかな。

ちょっとくどくどと書いちゃったけど、この「コーティ」ということばも、単純な「千万という数字」ではないんやね。
(「百万の塔」を作った根拠は、この「コーティ」の仏たちに供養する、ということではないんかなあ。)


準胝観音様はどういうお方かと言うと、
「すべての仏様たちの母」。その生み出すみなもととなるお方。


(あまり一般的ではありませんが、「仏母(ぶつも)」と呼ばれる尊格群がおられます。般若仏母、仏眼仏母、救度仏母(多羅菩薩)など…。空の智慧、また根源的な母性などを象徴する方々です。)


この準胝観音様は、俗人が最初に出家する際の授戒のご本尊とされることもあり、
ある人が言うには、
「今までのおこないを反省して“よいカルマ”を作ろうとしても、“今までのおこないのカルマ”が反動的に邪魔をしてうまくいかないことがある。
その“悪いカルマ”から修行者を守ってくれるのが、この準胝観音様だ。」
とのこと。

なるほどねー。だから、この観音様のもとで出家して、特にしばらくは見守ってもらう、ということなのかな。



おそらく、この『百万塔陀羅尼』は準胝観音という尊格の誕生以前の経典と思われますので、
まだ母性までは付与されていない、しかし“すべての御仏方のみなもと”とでも言えそうな聖なる神性(いや、仏性というべきか)に気づいた先人が、それにアクセスする方法を後輩たちに示そうとした、ということではないのかな。

後に形式や尊格の概念が明確にされていって、「準胝観音」という完成形になるのだけれど、
その神性が発見されたばかりの息吹が封じ込められているのが、この陀羅尼、ということかと。
(ここらの記述は、あくまでブログ主の直感みたいなものなんで、あくまでご参考に。)



そしてそして、このすんごい「七十七千万の御仏方」と並んで、
名指しでお名前のあがっている仏様こそが、
「無量寿如来」つまりは「阿弥陀様」!

いやあ、浄土門の人間としては、ひじょーに嬉しいですねえ^^。
もちろん、この陀羅尼にとっての「阿弥陀信仰」がどういうものなのか、を特定する必要はありますが、
それにしても、無数の仏様たちと並んでいるところからして、
間違いなく重視はされていた、ってことですよね^^。

場合によっては、「無数の仏」と「無限の命」は同質と考えられたのかもしれません。
(もちろん、真逆に、性質が異なるからこそ、わざわざより分けて名前を呼んだのかもしれませんが。)


うーん、厳密に文法を見はじめると、いろいろとややこしいですが…
とりあえず、「命アーユス」の出てくるところがふたつ、ありますね。

āyurviśuddhani saṃhara saṃhara
清らかな命に、集束し、終息せしめよ

āyuḥ smara smara sarvatathāgatasamayaṃ
命よ、念ぜよ、念ぜよ。一切如来の誓約によって



前回の訳と文法をかえて、淡々と訳してみましたが、
大いなる命からの働きかけに期待している感じの呼びかけですね。

もうひとつ、気になる表現。

sarvatathāgatavīryabalena pratisaṃhara
一切の如来の精進力によって、(我を)受入れよ


この、「精進力」と「誓約(誓願)」。


如来には、すべての生き物を救う、という働きがあるからこそ、
その努力のターゲットとして、私も入っているのだから、お救いください

という、仏という理想の理念を前提として、
凡夫のサイドから救いを要求する考え方がちょっとだけ違和感、というか、すこーし鼻につく感じ、なんですよねえ。


ま、
仏母にすがるにせよ、
阿弥陀仏に着目するにせよ、

煩悩を断ち切れない愚かな我が身のままで救われたい

というスタンスを内に含んでいるのでしょうから、
後の時代の東アジアまで流れ着いた仏教が、けっこう変形して生まれた浄土系の諸派が、
凡夫の往生をテーマにああだこうだいっちゃうことになる大元が、
すでにここに見出されるんだな―、
というところが、ワタシメのこの陀羅尼の分析の成果のひとつでありんす。
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。