2012_06
03
(Sun)07:24

九十八随眠⑤ 神々の煩悩って・・・?

さあ、昨日の続きです!


そして、そしてですよ。
やっと本題に入れます。

私たち欲界の衆生の煩悩と、
色界の世界の神様たちの煩悩とは、

たとえばおなじ“むさぼり”であっても、かなり質的に違うのだ、

と思われます。


わたしたちが

“ケーキいっぱい食べたい、
可愛い女の子やイケメンといちゃいちゃしたい”


などと“むさぼる”のに対して、


色界の神々は、

あっさりとさわやかな“情け”のなかでほしがったり、
神々しく美的なものへ愛着をもったりする

のでは、ないんかなあ。

同じ“むさぼり”でも、質的に、根本的にどっか違う、と。

(もちろん、本当のところは正確にはわかりませんが。)


これが無色界の神々の煩悩ともなると、正直、手に負えましぇーん。

もう、
“神々”ってったって、すでに姿形もあれへんわけやから、

そもそも一個人(いや、一個神!)といった観念すら、ないと思われ…。


姿形もないわけやから、
一体、個別な煩悩なんてあるんかいな?
と思ってしまうわけですが、

たとえば
「空無辺処天」ならば、
“空としてどこまでもあろうとする意志”として神様
がおられ、

「識無辺処天」ならば
“識(心の働き)としてどこまでもあろうとする意志”として神様
が現れる、

といった感じなんかな?


そうなってくると、

“なにかを、そのままで在らしめようとする大いなる意志”そのものが神であり、

それらの
意志そのものが、
意志として存在するがゆえに、
業を背負う
こととなり、
煩悩として捕えることも出来る、のかもしれません。


だから、
私たちの
“しば漬け食べたあい。。”といった煩悩と、

無色界の神々の
“空は空として、識は識として、無辺に在らしめたい”といったおおいなる意志=煩悩?
とは、

ずえんぜん比べものなんかにはなりっこないのです!!


で、なんだかしちめんどくさいけど、下の表のように、
似たような繰り返しばっかりになっちゃうんです。たぶん。

98zuimen+hyou_convert_20120330090121.jpg


スポンサーサイト
2012_06
02
(Sat)05:52

九十八随眠④ 欲界の煩悩「四欲」の第三・第四、情欲と色欲って・・・(恥)

ハイ。久しぶりのブログの更新でっす!

もう、なんやすっかり忘れてしもた感のある、「煩悩シリーズ」の続きです。

管理人も含めて、皆さん「どんなお話やっけ・・・?」
となっておられるでしょうから、
以前の記事のリンクを貼っておきませうね。


九十八随眠② 欲界の煩悩「四欲」の第一。食欲について!

九十八随眠③ 欲界の煩悩「四欲」の第二は・・・うっひゃあ~、淫欲!

その他の記事は、カテゴリの「煩悩シリーズ」で見てもろたら、よろしいかと。
では、続きです!



私たちの世界・欲界は、食欲・淫欲が完備されている。

ところが、色界の神々の世界には、これらがないんですネー。

「ええっ!?そうなの?じゃあ、オレいかねーよ。そんなところ、おもしろくねーし!!」

…だいじょうぶ。人間風情が、おいそれと行けやしませんから。

だいたい、欲界でさえ、6層も天国があって、神々がお住まいなんですからね。
色界って、それ以上の話。

もう、想像力の限界だけど、百八煩悩のかねあいで、話さなきゃいけないだけであって、
このブログを読んでいる、「人間」風情には、残念ながらほとんど関係することもできない世界のお話ですから。


四欲(食欲・淫欲・情欲・色欲)のうち、
下の二つがなくって、情欲と色欲だけがあるのが、色界。

「情」ってのは、「情にほだされる」の「情」で、つまりは“感情に反応するこころ”かな?
わたいらみたいな淫欲はお持ちじゃないけど、どうやら「お情け」は通用するみたい。
感情の、いわゆる「喜怒哀楽」のうち、「喜・哀・楽」はお持ちってことかな。
「怒」は、表を見ていただくとおわかりのように、“でっかい煩悩(十随眠)”の大きな柱のひとつやけど、
色界の神々も、無色界の神々も、まったくお持ちじゃありません。スッカラカンのカン。

「怒り」ってのは、自分が正義で相手が悪、相手の拒否であって、突き詰めると「殺す」ってところまでつながっている。こういう攻撃性は欲界の住人の属性であって、色界以上の神々は、そもそも、持ち合わせておられないってこと。

だから、

「情欲」ってのは、怒りを完璧に含まない、淫欲も一切含まない、穏やかな感情の起伏

なのではないでしょうか。

次に「色欲」ですが、これは今の日本語では「色恋沙汰」から“男女間の劣情の欲望”=「淫欲」と理解されてしまいますよね。ふつう。

淫欲=エッチでエロエロなこと→○
情欲=エッチでエロエロなこと→バツ(もう説明しました)
色欲=エッチでエロエロなこと→?(今ココ)


はい。もちろん、

正解は「バツ」

ですよっ!

そもそも、「色界」の「色」とおんなじで、

色=目に見える姿形や色彩

ということ。もちろん、「色」に代表される視覚的情報に限定されず、聴覚や触覚など、感覚的な対象すべてを含んでいるのでしょうが、
そういった感覚対象への欲求というのが、「色欲」なのでしょうね。
つまりは、

「色欲」とは、「美」にたいする欲望。

形態のなかに秩序を見出し、より整った在り方を追求しようとする。
そういった整理こそが、「美」を生み出す始まりですし、
神様の世界のことですから、人間ごときが想像だに出来ない水準で、あらゆるものが秩序だって整理されていることでしょう。
色界すなわち、神的な(いや、まさに神そのものの)美をその基調としているはず、です。
このことを指して、「色欲」と呼んでいると思われます。

「やだ、おじいちゃん。色ボケしちゃって。」というのと、同レベルで考えないで下さいよ。

(一説には、私たちの現象世界の原像が、理念(イデア)として、すでに完璧に造られているのが、この色界だとも言われます。)
2012_04
07
(Sat)08:27

九十八随眠③ 欲界の煩悩「四欲」の第二は・・・うっひゃあ~、淫欲!

おなじノリで説明するのは、ちょっと恥ずかしいですが(テレテレ)、
〈淫欲〉も楽しいですよねえ。(←お坊さんがなんてことを…!とか言わないでね。一般論として話を進めます。)

新しい電化製品の普及も(たとえばビデオとか)、インターネットの発達の一翼も、
確実に「エッチなものが見たい!」という欲望を満たすために、
すごい勢いで広まりましたんです。ハイ。(これは男の論理でせうか。)
だいたい、変死って、人には言えないヘンな性癖の状態が多い、って話もありますし…。ハイ。
まあ、心理学者のフロイトにいわせればなんでも“抑圧された性欲による”ことになっちまうし(それが真実というよりは、フロイトが性に偏執していたご様子)、
高校生男子は脳内メーカーで見ると9割強はエロしかないはずですし。

あんまり、この話を押し広げるのもハズカチイので嫌なんですが、
上下に掘り下げたり、昇華したりしてみましょうか。

まず、掘り下げ。
私はゼッタイ見ない“ホラー映画”や、“ばけらった”違った、“スプラッター映画”なんてのがありますが、
死体のビデオ(ノンフィクション)を作ってるのは、実はAV会社だったりする(らしい)ところから考えても、
「死」と「性」ってのは、どこかでつながってるんですよね。
(ギリシア神話でも、「死タナトス」と「性エロス」は兄弟の神として登場します。
(タナトスはヒュプノス(眠り)と兄弟、という説も)
ちなみに、エロスくんのちびっこ時代が、あの可愛らしいキューピッド。背中に羽の天使ちゃん。弓矢を持ってる子ども。→仏教でも、愛欲の仏様・愛染明王は弓矢を持ってますね。「ある日突然、矢に射られたように恋に落ちる」という比喩でしょうか。)
参考サイト様。←なかなか、奥深くっておもしろい。〉

話を戻してえ。

「死」とは“自己の終焉”。“自己の解体”でもあるわけです。
「性によるエクスタシー」も、“恍惚状態”のほかに、“忘我の状態”、“脱魂状態”なんて意味さえありますよね。
“ecstacy”ということば自体、“ex-”外に、“stand”立っている、というのが語源らしいです。

「死」も「性」も、“自分が自分ではなくなること”というあたりで、似通ってきます。
もちろん、「性」は楽しいけど、「死」ぬのはやだよね。


また、「性」には相手が必要ですから、
その相手との関係性の中で、支配・暴力も可能性として、はらんでいるわけです。

戦争の時の、無秩序な侵略・略奪などでも「性の暴走」が現れますが、
戦争などの暴力行為そのものが、根底に「性」に突き動かされる何かを含んでいるようにさえ、思えます。


「欲界の衆生たち」が生きている世界=〈欲界〉とは、
まさに“弱肉強食の世界”であり、
“「エロスとタナトス」に振り回される、一時的な快楽と暴力の嵐の吹き荒れる世界”
なわけです。


おっと、書き忘れるところだった。

「性」について、昇華もしておかないと、ね。
「性」というのは相手がいないと成り立たないわけですが
(別に人でなくても、2次元でもなんでもいいですが)、

相手の事をより積極的に理解するために、動機づけとして非常に役立つのが「性」
なワケです。

好きな彼氏の趣味で、私もクラッシックが好きになっちゃった、とか、
あのスペイン料理屋のバイトの女の子が可愛いから、スペイン語を必死で憶えた、とか。

それ以前の自分のカラを打ち破り、新しい可能性へと目を開かせてくれるきっかけとなる。
それだけで、「性」って素晴らしいと思いませんか!

さらには、“こんなことしてたら、嫌われちゃうんじゃないか…”とか、
細やかな心配りができるようになったり、とか、
他の人を受け入れようとすることで、格段に“心の綾(あや)”というべきものが、細やかになっていくわけです。
(もちろん、「性」だけによってそういう能力が発達するわけではありませんが。)


またもちろん
直接的な性行為においても、
相手への配慮から、相手との一体感、人格の融和・相互補完まで高められれば、本当に素晴らしいことでしょう。
(残念ながら、そこまで理解できるようになる、というのも、人生において難しいことでしょうが。)

まあ、そんな感じで、
「性」そのものには、暴力から神的な愛まで、非常に幅の広い楽しみ(おぞましいものから崇高なものまで)が与えられているんです。
2012_04
05
(Thu)22:18

九十八随眠② 欲界の煩悩「四欲」の第一。食欲について!

で、九十八随眠の一覧表を受けてのお話し、つづきでーす!

まあ、似たような繰り返し、というのは、仏典にはつきもので
(というか、古典的宗教全般、似たような繰り返しの記述が多いですよね。
これは、繰り返しのリズムの中に表現される真理があるからです。)、
たとえば、おんなじ“むさぼり”であっても、
わたいたち人間も所属する「欲界よくかい・よっかい」の〈むさぼり〉と、
“欲望を持たない神々の世界”であるはずの「色界しきかい」において〈むさぼり〉と呼び得るようなものとは、
おそらくは質的に根本的に違うのだろう、と思うのです。
もちろん、“わたいたち欲界の住人には思いも及ばないもの”であるはずなのですが、
でも、過去の記事で“色界の神々の持っている欲”についてご紹介した事(←コチラ)がありますよね?


こちらを読んで頂ければある程度おわかりになるとは思いますが、
色界の神々は、私たちのような食欲や淫欲はないのですが、
情欲と色欲はあるそうなんです。
あ!エロエロなものと勘違いしないで!

この食欲・淫欲・情欲・色欲は「四欲」と呼ばれるそうですが、

欲界の衆生は四欲すべてを持っている。
しかし、色界の衆生(といっても神様だけしかいませんけど)は、半分の二欲しか持たない、ということ。

ええっと、〈食欲〉は楽しいですよねえ。グルメ番組はもちろん、
料理を作るのだって、なかなかおもしろい。

いっしょに食事をするのだって、とっても大切なコミュニケーションの手段です。
でも、私たちは食べるために非常に苦労しているわけです。

仕事してお金稼ぐのも、「食べるため」。
戦争おっぱじめるのも、「食べるため」。


それどころか、
「食べる」って、ほかの生物の命を奪うこと、そのもの
ではありませんか!!

つくづく、〈食欲〉って、因果な業を背負っている、とは思いませんか?
まさに、「弱肉強食」の世界。いや、たとえ話にもなっていない表現ですね。。
2012_03
30
(Fri)09:13

うっヒョウ!九十八の煩悩、一覧表!!

では、気を取り直して前回の続き。

さて、この“煩悩やって気づいただけで踏みとどまれる煩悩”から、
“とことん、堕ちるとこまで堕ちんとわからん煩悩”まで、
いわゆる
見所断の4つと修所断を合わせて「五部」
というらしいですが、

“でっかい煩悩”こと「十随眠」「五部」をかけて、36。
(10×5=50やけど、全部のマスは埋まってないんです。)


さらに、
「三界」(つまり、“欲界”のほか、“色界”と“無色界”)もかけあわせると、くだんの

九十八随眠

になるっちゅうわけです。
おわかりいただけましたか?

以下、表をつけときまひょ。詳しくは、こちらを見てみて下さいませませ。

98zuimen+hyou_convert_20120330090121.jpg

う~ん、どないでっしゃろ?
なんか、似たような、ページの無駄遣いのような…(←ほっといてんか!)
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。