2013_12
23
(Mon)21:20

7月の一日修養会、動画アップ!

さあ、先日に続いて、7月の一日修養会の動画をアップしませう!
今回は、一本のながーいヤツになっとりますです。





前半は、

「八事山の蝶」完成!
青葉まつりについて~弘法大師について
盂蘭盆について

こんな感じ。


後半は、
小僧さん入門「挨拶」。


「八事山の蝶」は、おらがデザインしたんだべな。


八事山の蝶々 白黒反転


以降、お見知りおきを。
スポンサーサイト
2013_12
18
(Wed)23:48

引き続き、動画のアップ! 2013 6月一日修養会

さあて、昨日に引き続き、動画をアップしませう!

今年の6月の一日修養会ですねぇ。
まず、前半は、
「あじさいと螢のはなし」。
なんせ、前は あじさいのお寺におりましたからね^^。



ううむ、途中からピンボケておりますなあ…(残念)

後半も、やっぱりピンボケでござる。
小僧さん入門④「下座行」


おお、しかも、途中でおわっとるやないかい!


かさねがさね、
正直、公開するのも気が引け得るのですが…
やむをえませんね。

では、おわびに、講座で使われたプロジェクター用原稿を張っておきませう。

小僧さん入門 ④「下座行」

下座行ってなに?
人よりも下に座る修行
「自分はつねに人より下にいる」

さて、どういうことでしょう?

たとえば・・・

履物をそろえる
便所掃除
ゴミを拾う

キリスト教では 洗足

なんの目的で?

下座=understand

様々な立場を理解する
そのためには、もっとも下へと座ること

人の嫌がることも積極的に行う
(自分のなかの逃げたがる心と向き合う)
(嫌悪していたものの中に真実の価値を見出す)

森信三(教育哲学者)『修身教授録』
「いかに才知才能に優れた人であっても、どれ程立派な人であっても、下座を行じた経験を持たない人ですと、どこか保証しきれない危なっかしさの付きまとうのを免れないものです」

托鉢  慢心を打ち砕く  

下座行・・・謙虚と謙遜の行

「どんなに低く見られようと、それをみじんも不満に思わず、淡々と仕事をし、生活する」
「思い上がらず、下座に徹して生きる時、天が君を助けてくれる」
「してあげる」→「させていただきます」相手に恩を売らない、借りをつくらせない


下座・・・地位ある人でも、「無名」になるということ
地位も名誉もなくなる・・・心細い事であると同時に、気楽な自由なこと
誰でもない自分自身そのものとなること
その状況で、何を考えるのか?

自分を見つめ直す

内観法
「していただいたこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」を内省する

土下座
礼拝行  布薩会 三千仏名会 



これらをご参考に、動画はラジオ程度に、耳でお聞きいただければ幸いですm(._.)m

2013_12
18
(Wed)00:40

ひさびさの更新~!動画のアップップ! 2013 5月小僧さん入門「そうじ」

いやあ、すっかり放置しておりますこのブログですが、
それもこれも、ひとえにすべて管理人のタイマンのなせるわざでございやす…。

前回の記事をみたら、なんとお盆ではないか!

いやはや、時の流れるのはお早いでやんすね。

じゃあ、前回に引き続いて、貼りつけるだけの手抜き記事、いってみよー!
←開き直ってんじゃねぇよ…

これ、今年の5月の一日修養会だべな。

なぜか後半しかみあたらないけど。。
小僧さん入門!③「そうじ」。

なんで作務衣で話しているのか?

それは・・・見てのお楽しみ!

2013_06
11
(Tue)11:53

4月の一日修養会、アップしちゃいます!

やあやあ、このごろなんだかお忙しい管理人です。
ブログも、放置してると雑草が生えちゃうなあ・・・。

ええー、前々回の記事をご覧いただけばおわかりのように、管理人は今、名古屋の八事山興正寺にいるでありんす。
そいで、一日修養会(いちにちしゅうようえ)なる講座を月一でおこなってますです。
で、四の五の言うのもなんなんで、
動画をアップしちゃえ!
という、
なんとも、自分の手駒を削るようなことをしとるんですな・・・。

まあ、動画を貼り付けたとて、合計2時間も見てくださるのは興味のある知人くらいであろう、
直接はお会いしたことがなくっても、興味を持って観てくださる方があるのならば、それもよかろうではないか。
とまあ、
こんな魂胆でやっとりますです。

いつも、いわゆる禅語の
「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)一歩を進めよ!」
の心持ちでございます。

つまり、
「もうこれ以上アカン!これが、わいの、精一杯や!!」
という状況で、
「はい、ゴクローサン。ほな、もう一歩先、行ってみよか」
と言われる、という。

まあ、
「目標が高ければ退屈しない」
というありがたいお言葉もありますし、
いつでもフルスロットル限界でやっとります管理人でした。
ほなまた。



2013年04月19日八事山興正寺修養会1「花まつりのはなし」



2013年04月19日八事山興正寺修養会2 小僧さん入門 第2回「剃髪」
2013_04
27
(Sat)09:42

一日修養会(いちにちしゅうようえ)、はじめました!

実は管理人、
なんだかんだありまして
名古屋の八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)に来ております。

そこで、なんだかんだありまして、
「一日修養会」なる講座を引き継ぐこととなりんした。

これ、1月2月をのぞく毎月ありまして、

朝10時から法話+α(「阿息観(あそくかん)」という密教の坐禅や諸堂廻りなど)、
お昼にはお膳で精進料理を頂き、
午後からは写経をする

これでたったの!
2000円ぽっきりー!(ジャパネットの高田社長風に)

という、
まさにショッキングプライスの講座なんですが、
とりあえずはワタシメに出来ることとしまして、

「お坊さんの修行に興味はあるけど、
なかなか経験まではできないしな・・・」
といった方が参加しに来られるのかな?
という想定を元に、

1 これからむこう1か月間に興正寺でおこなわれる行事の解説
  (参加しようと思えばすぐに機会がある)
2 修行のごく一部を取り上げて解説し、プチ体験してもらうワークショップ
  (勇気があれば、その場でなんちゃって体験できる)

という二本立てを考えてみました。。

もちろん
人気の精進料理と写経もついてくる!
まさにフルコース!やね。

なので、ぜひ八事山興正寺までお越しやす。



で。
終わると、

尾張以外の閲覧者から
「そんな遠くまで行けるか!」
とお叱りを受けそうなので、
3月の初回講座の動画を貼りつけときまひょか。


こっちが前半戦だす。
まあ、管理人がド緊張してたのがまるバレですな…(汗)


そして、後半のワークショップ。


念のため。
固定カメラなので、絵ヅラ的にはまったく面白くありません。


まあ、両方1時間ありますので、
本当に観たい方だけ、ご覧頂ければ有り難いです。

あと、
生で観たい方は
ぜひ八事山興正寺までお越しやす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。