2014_02
22
(Sat)11:01

百万塔陀羅尼、解説しまーす! その3 無垢浄光根本陀羅尼の分析で、きづいたこと。

この百万塔陀羅尼。

やっぱり、「世界最古の印刷物」の画像抜きではお話にならない、と思って、ちょっと画像も掲載させて頂きました。

「国立国会図書館貴重書展:展示No.2」からの貸し出しです。。

そして、前々回の記事に画像を追加し、
あのチンプンカンプンな漢字のところも少し整理しました。

陀羅尼のなかの小さな文字ですが、あれは
“こっちの文字でもええよ”といったところ。言い換え可能の部分。
(正確には、「より正確な発音に近い表記」といったところか)

ですので、例示すると、
無垢浄光経 根本陀羅尼 てい


底(顛以反下同)

は、「底てい」でもいいけど、もう少し正確にいうと「顛以てい」。
「反」は“換える”。
「下同」は、“以下、同じ”。


「弊べい」は、ほんとうは「毘也びや」。

「喃なん」は、「奴暗ぬあん」。

「戍しゅ」は、ほんとは「輸聿しゅっ」のほうが近いかも?
無垢浄光経 根本陀羅尼 ぬあん



とまあ、こんな具合のようでやんす。


「引」は、「伸ばす」ね。

莎(引聲)

だと、「さ」が「引く聲」なので、「さー」。

あと、ところどころにある数字は、単純に言うと“息継ぎをするところ”。
純粋に単語の切れ目や文の切れ目でもないんだけど、“ひとつの音節になっているところ”、といった感じかな。

細かいことはあと少しあるけど、もういいよね。



それよりなにより、内容がだいじ!

訳していて思ったのは、二つの特徴があるな、ということ。

一つ目は、呼びかけの尊格が二種類、ということ。

もう一つは、「精進力」「誓願」ということばへの想い。




まず最初に呼びかける尊格が、「七十七千万の御仏方」!
うーん、すごい数だ。。
「七」が重なるところも、意味深。

次いで、呼びかけるのが、我らが「阿弥陀様」!
やっぱ、ミダだよね~^^。


はじめの「七十七千万の御仏方」というのは、
もちろん「七」がマジカルナンバーで“無限”を象徴する、という理解もできますが
(今最も用いられている「十進法」ではなく、いわゆる「七進法」を表わしている、とも考えられる。
1,2,3,4,5,6,7と数えて、8ではなくまた1に戻る考え方。
身近なところとしては、音階のドレミファソラシ。八番目で、また最初のドに戻る。
ちなみに、時計は十二進法。
コンピューターの言語は十六進法で、
その大元のデジタル信号は二進法。)


単純に連想しますのは、準胝観音様(じゅんていかんのん)かなあ。
ちょっとマイナーかもしれないけど、「七観音」のなかのおひとりで、
異名が「七倶胝仏母(しちくていぶつも)」。
梵名「サプタコーティブッダ・マートリ」をそのまま訳すと、
「七千万の仏の母」。
ほら、「七」と、「千万」。おんなじでしょ!

「千万」の原語「コーティkoṭi」には、

「ten million 十と百万(=千万)」という意味のほかに、
「extremity 先端、きわみ、窮極」、
また
「end or top of anything 何事かの終わりもしくは始まり」

なんていう、哲学的な意味合いもあるでありんす。
ほかに、「horns or cusps」“牛かなんかの角”だって!

まあ、とがった先っちょ、最先端、みたいな感じなのかな。

ちょっとくどくどと書いちゃったけど、この「コーティ」ということばも、単純な「千万という数字」ではないんやね。
(「百万の塔」を作った根拠は、この「コーティ」の仏たちに供養する、ということではないんかなあ。)


準胝観音様はどういうお方かと言うと、
「すべての仏様たちの母」。その生み出すみなもととなるお方。


(あまり一般的ではありませんが、「仏母(ぶつも)」と呼ばれる尊格群がおられます。般若仏母、仏眼仏母、救度仏母(多羅菩薩)など…。空の智慧、また根源的な母性などを象徴する方々です。)


この準胝観音様は、俗人が最初に出家する際の授戒のご本尊とされることもあり、
ある人が言うには、
「今までのおこないを反省して“よいカルマ”を作ろうとしても、“今までのおこないのカルマ”が反動的に邪魔をしてうまくいかないことがある。
その“悪いカルマ”から修行者を守ってくれるのが、この準胝観音様だ。」
とのこと。

なるほどねー。だから、この観音様のもとで出家して、特にしばらくは見守ってもらう、ということなのかな。



おそらく、この『百万塔陀羅尼』は準胝観音という尊格の誕生以前の経典と思われますので、
まだ母性までは付与されていない、しかし“すべての御仏方のみなもと”とでも言えそうな聖なる神性(いや、仏性というべきか)に気づいた先人が、それにアクセスする方法を後輩たちに示そうとした、ということではないのかな。

後に形式や尊格の概念が明確にされていって、「準胝観音」という完成形になるのだけれど、
その神性が発見されたばかりの息吹が封じ込められているのが、この陀羅尼、ということかと。
(ここらの記述は、あくまでブログ主の直感みたいなものなんで、あくまでご参考に。)



そしてそして、このすんごい「七十七千万の御仏方」と並んで、
名指しでお名前のあがっている仏様こそが、
「無量寿如来」つまりは「阿弥陀様」!

いやあ、浄土門の人間としては、ひじょーに嬉しいですねえ^^。
もちろん、この陀羅尼にとっての「阿弥陀信仰」がどういうものなのか、を特定する必要はありますが、
それにしても、無数の仏様たちと並んでいるところからして、
間違いなく重視はされていた、ってことですよね^^。

場合によっては、「無数の仏」と「無限の命」は同質と考えられたのかもしれません。
(もちろん、真逆に、性質が異なるからこそ、わざわざより分けて名前を呼んだのかもしれませんが。)


うーん、厳密に文法を見はじめると、いろいろとややこしいですが…
とりあえず、「命アーユス」の出てくるところがふたつ、ありますね。

āyurviśuddhani saṃhara saṃhara
清らかな命に、集束し、終息せしめよ

āyuḥ smara smara sarvatathāgatasamayaṃ
命よ、念ぜよ、念ぜよ。一切如来の誓約によって



前回の訳と文法をかえて、淡々と訳してみましたが、
大いなる命からの働きかけに期待している感じの呼びかけですね。

もうひとつ、気になる表現。

sarvatathāgatavīryabalena pratisaṃhara
一切の如来の精進力によって、(我を)受入れよ


この、「精進力」と「誓約(誓願)」。


如来には、すべての生き物を救う、という働きがあるからこそ、
その努力のターゲットとして、私も入っているのだから、お救いください

という、仏という理想の理念を前提として、
凡夫のサイドから救いを要求する考え方がちょっとだけ違和感、というか、すこーし鼻につく感じ、なんですよねえ。


ま、
仏母にすがるにせよ、
阿弥陀仏に着目するにせよ、

煩悩を断ち切れない愚かな我が身のままで救われたい

というスタンスを内に含んでいるのでしょうから、
後の時代の東アジアまで流れ着いた仏教が、けっこう変形して生まれた浄土系の諸派が、
凡夫の往生をテーマにああだこうだいっちゃうことになる大元が、
すでにここに見出されるんだな―、
というところが、ワタシメのこの陀羅尼の分析の成果のひとつでありんす。
スポンサーサイト
2014_02
17
(Mon)04:47

百万塔陀羅尼、解説しまーす! その2 無垢浄光経 根本陀羅尼の訳

さあ、昨日の記事では

???(チンプンカンプン)

だった百万塔陀羅尼のお経の、初めに出てくる陀羅尼の部分。
ぐあんばって、訳しましたで~!

しかも、これがまたすばらしい!
(←自画自賛じゃないよ。内容そのものが、とってもすばらしいということ。)

それにしても、この陀羅尼の訳なんてググってもぜんぜん出てきませんから、
これまた画期的なことですよねえ。
(←自画自賛)


お経はまだまだ続くけど、とりあえずは今回は最初の陀羅尼の訳だけ。

では、ゆきます!





南謨 颯哆颯怛底毘也 三藐三佛陀倶胝喃
なうぼー さったさったちびや さんみゃくさんぶっだくちなん
Namaḥ saptasaptatibhyaḥ saṃyaksambuddhakoṭīnāṃ
帰命し奉る、七十七千万の、この上なく正しい覚りを完成した御仏方を。

鉢唎戍陀摩捺娑 薄質多鉢唎底瑟恥哆喃
ぱりしゅだまなさ ばちたはらちしゅちたなん
pariśuddhamanasavācittapratiṣṭhitānāṃ.
“ほんとうに清らかな意志”を自らの心として安立なさっておられる御仏方を。

南謨 薄伽跋底 阿彌多喩殺寫 恒他掲怛寫
なうぼー ばがばてい あみだゆしゃしゃ たたーぎゃたしゃ
Namo bhagavate amitāyuṣasya tathāgatasya.
また帰命し奉る、世にも尊き“はかり知れない命(無量寿)”の如来様を。

晻 怛他掲多戍第 阿喩毘輸達儞 僧喝羅僧喝羅 
おん たたーぎゃたしゅでー あゆびしゅだに そがらそがら 
Oṃ tathāgataśuddhe āyurviśuddhani saṃhara saṃhara
おお、清らかな如来よ!わけても“清らかな命(無量寿如来)”よ!私を受け入れてください、あなたがたとひとつにしてください!

薩婆怛他掲多 毘唎耶跋麗娜 鉢剌底僧喝囉
さらばたたーぎゃた びりやばれな ぱらちそがら
sarvatathāgatavīryabalena pratisaṃhara
すべての如来様方の精進力の帰結として、どうか私をお受入れくださいませ!

阿喩薩麼囉薩麼囉 薩婆怛他掲多三昧焔
あやさまらさまら さらばたたーぎゃたさまえん 
āyuḥ smara smara sarvatathāgatasamayaṃ
命(無量寿)よ、私を想ってください、念じてください!すべての如来の誓いに沿って。

菩提菩提 勃地也 毘勃地也 菩馱也菩馱也 
ぼでぃぼでぃ ぼでぃや びぼでぃや ぼだやぼだや
bodhi bodhi bodhya vibodhya bodhaya bodhaya
覚りよ、覚りそのものよ!お認めください、私のことをお気づきください。私をして、どうか覚らしめください、覚らせてくださいませ!

薩婆播波 阿伐喇拏毘戍第 
さらばはんば あばらなびしゅでー
sarvapāpa-āvaraṇaviśuddhe
すべての罪悪と目くらましをすっかりと取り払ってしまったお方よ!

毘掲多末羅珮焔 蘇勃馱勃第 
びがたまらべーえん そぼだぼだでー
vigatamarabhayaṃ subuddhabuddhe
魔の恐怖から離れ去り、正しく目覚めた覚者よ!

虎嚕虎嚕 莎婆訶
ころころ そわか
huru huru svāhā.
私をここから連れ出して、お導きくださいませ! 御仏に幸あれかし!!
2014_02
16
(Sun)09:53

百万塔陀羅尼、解説しまーす! その1

いやあ、ついに昨日見ちゃったなあ。百万塔陀羅尼
名古屋市博物館で『文字のチカラ展』ってのにすべりこみでいったんだけど、
展示の最後の方にありましたよ。世界最古の印刷物が。

やっぱり、現物を見るといいあじの、字

去年の夏に、ある人にたのまれて、この陀羅尼のこともブログに書かなきゃ、とは思っていたのですが。
(←思ってるだけなら、やってないのといっしょ!やでー)

ハイハイ。

まあ、なんでこんなものが作られたかとかは、まあwikiにでもゆずっといてえ。


こっちでは、陀羅尼の全文と訳を中心に、ぼちぼち解説でもしまひょっかねえ。


まず、この陀羅尼がどこに出てくるのかというと。

『無垢浄光大陀羅尼経』というお経が出典です。

お経って、ストーリーになってるから、ちょとづつ、おおざっぱ訳をのせながら陀羅尼も紹介しますね。



“けがれなき清らかな光を放つ歌”を説く御仏のことば

ある時、御仏はカピラ城の大きな僧院で、大勢の弟子たちといっしょにいらっしゃいました。
弟子の中には大菩薩たちもおられます。
“すべてのさまたげを取り除いた者(除一切蓋障)”という菩薩、“ヴァジュラのあるじ(金剛主)”という菩薩、観世音菩薩、文殊師利菩薩、普賢菩薩、無尽意菩薩、弥勒菩薩。かれらがその菩薩たちのリーダーでした。
また、天・龍はじめとして無数の神々もおられます。
そんななかでのおはなしです。

ここに、大婆羅門が訪ねてきます。名は「カピラセンダ(カピラの月?カピラへの怒り?)」。
彼はバラモンの僧ですので、仏教のことを信じてなかったのですが、占い師に「あなたは七日後に死ぬね」と言われて怖くなり、怖気づいて、助けてほしい一心で御仏のところにやってきます。
「あのゴータマという沙門ならば、なんでも知っているはずだ。あの男なら、どうしたらいいかも知っているだろう。わしの心の迷いもなんとかしてくれるだろう」

釈迦如来は過去から未来のことまですべてご存知でしたので、やってきた婆羅門に、やさしく慈しみを持って語ります。
「偉大なる婆羅門よ。あなたは七日後に死ぬでしょう。死んでから、もっとも恐ろしい阿鼻地獄へと堕ち、それからその周囲にある十六小地獄へ出入りすることでしょう。
それから、人として最も蔑まれているセンダラとして生まれ変わるでしょう。
そして死後、猪として生まれ変わり、臭い泥の中で糞を喰い漁って生きるでしょう。ここでの寿命は長いが、苦しみは多いです。
そしてその後、人として生まれるが、貧しく卑しい身分であり、臭く汚れて黒くやせ細った醜い姿です。喉も針のように細く、食べることもままならない。人に棒で殴られて、非常に苦しむでしょう」
これを聞いて、バラモンはびっくり!おおいに泣き、怖がって悲しみます。
御仏の両足にすがりついて拝み倒し、助けを求めます。
「だれもをお救いくださる仏さま!どうか、どうかわたしを、そのような苦しみからお救いくださいませ!
わたしは今までの悪い心を反省します。仏さまの弟子になって、一から出直します!」
そこで御仏は、このバラモンに語ります。

「このカピラ城の道の三つまたの辻に、古びた仏塔があります。実はこの中には、如来の舎利(真骨)があるのです。この崩れかかった塔を、あなたが直しなさい。そしてこの塔の中心の傘の部分(相輪橖そうりんとう)に「陀羅尼」を書いたものを収めて、盛大に供養しなさい。
そうしてこの陀羅尼を七遍(七十七遍?)、念誦すれば、あなたの寿命も延び、長生きをしてから、亡くなって後も(阿弥陀仏の西方)極楽世界へと生まれ、百千劫にわたって〈大いなる勝れた楽〉を受けるでしょう。
次には(阿シュク仏の東方)妙喜世界へと生まれ、さっきと同様に百千劫にわたって〈大いなる勝れた楽〉を受けるでしょう。またつぎには(弥勒菩薩の修行している)兜率天宮へと生まれ、やはり百千劫にわたって〈大いなる勝れた楽〉を受けるでしょう。
どこへ生まれ変わってもよい宿命ばかりで、すべての悪縁は消え、すべての罪から解放されて、もはや地獄へ堕ちることはないでしょう。なぜなら、いつもすべての御仏に見守られて、導かれるからです。
バラモンよ。もし仏教の修行者や信者のなかで、寿命が短い者、病に苦しむ者がいたならば、同じく古い塔を修復させたり、もしくは小さな泥で作った塔でもいいので、なかに同じく陀羅尼を書いて収めさせ、供養を手伝ってやってはくれませんか?この福徳によって彼らも寿命が延び、病も癒えて、同じく地獄や畜生や餓鬼の道から離れられるでしょうから。」
これを聞いて、カピラセンダはすっかり嬉しくなり、すぐにでも飛んで行って塔の修理をして供養したい気持ちでいっぱいになりました。

そこで、一同のなかから“すべてのさまたげを取り除いた者(除一切蓋障)”という菩薩が立ち上がり、合掌して御仏におたずねします。

「世に尊きお方よ。その〈福徳の善根を長く育てる陀羅尼法〉とはいったいどのようなものなのでしょうか?」
御仏はこたえます。
「ここに、偉大なる陀羅尼があります。その名を、『最勝にして無垢なる清浄な光明の大壇場法』といいます。あらゆる仏たちがこの法によって生き物たちを慰め、心安らかに導いてきました。
もしこの陀羅尼を聞く事ができれば、五逆の罪も消え、地獄への門も閉ざされます。物惜しみの心、貪りの心、嫉妬の罪の垢も除かれ、短命だった者は命も長らえます。吉祥事が次々に訪れることでしょう」
除一切蓋障菩薩は重ねて問います。
「世尊よ。どうか、すべての生き物たちが長寿を得られますように、すべての罪を許されますように、だれもがこの大いなる光明に照らされますように、その陀羅尼法をお説き示しくださいませ!」
世尊はこの嘆願を聞き入れ、みずからの頭頂より大光明を放ったのでした。この光は広大なる三千大千世界すべてを照らし渡り、あまねく、すべての如来を目覚めさせて、ふたたび釈迦仏のところへと還って来て、その頭頂へと入って行きました。
それから御仏は、美しく妙なる、まるで迦陵頻伽のような歌声で、悦びに満ちて語りだしました。

無垢浄光経 根本陀羅尼


「南謨颯哆颯
怛底
(顛以反下同)
(毘也反脣聲一)
藐三佛陀倶
胝喃(奴暗反下同二)
鉢唎戍(輸聿反下
同)
陀摩捺娑
(三)(去聲引)
多鉢唎底瑟
恥哆喃(四)
謨薄伽跋底
阿彌多喩殺
寫恒他掲怛
(五)(引 聲六)
怛他掲多戍
(七)阿喩毘
輸達儞(八)
(呵葛反)羅僧
喝羅(九)薩婆
怛他掲多毘
唎耶跋麗娜
(十)鉢剌底僧
喝囉阿喩(十一)
薩《麼》囉薩《麼》囉(十二)
薩婆怛他掲
多三昧焔(十三)
菩提菩提(十四)
勃地(亭也反下同)
毘勃地(十五)
馱也菩馱也
(十六)薩婆播波
(引)阿伐喇拏
毘戍第(十七)
毘掲多末羅
珮焔(十八)蘇勃
馱勃第(十九)
嚕虎嚕莎(引聲)
(引)




今日は、ここまでにしときまひょか。
陀羅尼の解説は、またの機会に。

ちなみに、この陀羅尼の文字送りは、百万塔陀羅尼に入れてある紙と同じ文字送りにしておきました^^。
カッコ内の文字は、百万塔陀羅尼の印刷の紙では小さい字になっている部分。
二重山カッコ内の文字は、この紙には書かれていない部分です。
悪しからず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。