2012_10
02
(Tue)01:32

鎌倉の長谷寺で、お経とワールドミュージックのLIVE、あります!!

もう、あと1カ月もないのですが、こんなLIVEがありますよ!

mn000360158.jpg

実はこれ
2年前の夏に同じく鎌倉・長谷寺でおこなわれた
「長谷寺スピリチュアルLIVE」の第二弾。

今回はもう少し落ち着いたタイトルで
「長谷寺観音堂LIVE」となったみたいやね。

紹介動画もありましたよ!




使ってる素材は、前回のLIVE動画やね。
今回も、このお経と音楽のコラボ、やります!
ちゃんと聞きたい人、ぜひお越しやすぅ!



お、前回のコンサート前の紹介動画もまだあるやないか。
後半でお経をうなっておりますのが、このワタシメでございやす。




チケットのお問い合わせは、長谷寺のHPまで。
前もって長谷寺に来る機会があれば、
お寺で直接買った方が手っ取り早いかも。

2012.10.10 追記
チケットの予約が、簡単に可能になりました!
長谷寺に電話をして、予約枚数と名前、それから連絡先の電話番号をお知らせください。
鎌倉長谷寺・電話0467-22-6300
代金は当日、入口の券売り場にてのお支払いとなります^^
スポンサーサイト
2010_07
20
(Tue)08:32

After Festival ~あとの祭り(笑)

 終わりましたよ、 『長谷寺スピリチュアルLIVE』!

いやー、大変だった。
打ち上げが盛り上がりすぎて、遅くなっちゃって。 (←いきなりそっちかよ!)
(真夜中にもかかわらず、迎えに来てくれた妻に感謝感謝!)

お陰さまで、なかなか好評だったようです。
やれやれ、ホッとひとあんしん。
(個人的には、やっぱり
トチリーノアセリーノでしたが・・・(汗汗)

それに、前日からパンゲアの方々が到着して以降、
次から次へとダンドリーノ(←もうくどいからやめようか・・・)を考えなきゃ、で、
なかなか息つく暇もありませんでした・・・(どこへ行き着くことやら・・・という感じ?)

細かい変更や、その他の仕事も、予定通り降って湧いてきましたし、ね!
(実は、7月18日は、長谷寺の大法要・観音施餓鬼会の日でもあるんです・・・)

まあまあ。
あらあら。
おやおや。
 (くどい)

聴きに来られた方も、スピリチュアル系の方が多かったようで(たぶん)、
音響の方も、
「始まったら、みんなシーンとしちゃってさ。
みんなイスに座って背もたれもあるのに、前のめりなの。
そしたらさ、すっごい真剣で、静かな感じでさ、
オレの横の扇風機のまわってる音さえうるさくかんじちゃってっさ、
おもわず後ろ手に止めようとしたんだよ。
それもへたに動けない空気でさ。
それでスイッチをパチって押したらさ、首降りだけがとまっちゃってさ。
扇風機止めようとしたのに、まるで自分だけひとりじめしようとしたみたいになっちゃってさ。」
という、感動秘話(爆笑)をいっぱいひっかけながら打ち上げで披露されてました。

まあ、、、。
そんな感じで。(どんな感じだよッ!!)

三尺三寸(=9.18m)の観音様のまします、
縦の広がりのある観音堂内で、
ギター、鐘をはじめ和楽器・打楽器・洋楽器、
それに指の先のその先の空間までも美しく操る舞まで加わって、
その生の音の響きは、やはりLIVEに来られた方しか味わうことの出来ないものでした。
(遠方の方、ざんねんでした。)
LIVEの写真はこちら


個人的に。
いちばんの体験は、
第一部で読経と音楽とが合わさる曲で舞台に出演したとき、
倍音によるエンジェル・ヴォイスが聞こえたこと。
ほら、わたし大学時代合唱団でしたから(え?知らないって?)
本当にいいハーモニーのときには、
みんなの声が響き合って、
出している音の高さの1オクターブ上や、2オクターブ上、
また1オクターブ下などの音も共鳴現象で鳴り出すことがあるんですよ。

だから、
だれもだしていないハズの高ーい声が、
なんかしらんけど上のほうでふぁーと鳴ってる・・・
それを通称「エンジェル・ヴォイス」って言うんですけど、

それが お経の途中(しかも南無阿弥陀仏を連呼する念仏一会ネンブツイチエから!)
なぜか、自分の右ななめ後ろ1.5mあたりから、聞こえだしたんですよ・・・。

“そうか、観音様を囲んでお坊さんが9人も出演して声を合せてるから、
向こうの声がすぐ後ろで反響して聞こえてきてんな。
向こうには老尼僧さんもいはるし、高い声が聞こえやすいんかもしらん。
なんや、じぶんと息継ぎの場所まで違うで。
・・・それにしても、ホンマにすぐ後ろでいっしょにお唱えしてるように聞こえるな・・・。”

この話を、こそっとギタリストで主催者の小馬崎さんにしたら、
「えいしんさんも、とうとう聞こえるようになりましたか・・フフ」
と、不敵に笑われたのでした。
2010_07
18
(Sun)06:18

さあ、いよいよ本日LIVE!

 以前、思いっきり宣伝しました、
長谷寺スピリチュアルLIVE!

とうとう、本日となりました!

いや~、昨日はリハーサルなどなどで大変でした!
今日もイロイロと大変そうですが・・・

お経と楽器が合わさるのは、なかなか楽しいですよ!
わたしは
維那(いな・リードヴォーカル兼パーカッショニスト)
なので責任重大ですが・・・
(昨日もいくつかとちりました。ハイ。)

さあ、ダイジョウブダイジョウブ!
ちっちゃいことは気にするな!
(なぜ、お笑い芸人のセリフになる?)

舞台は舞台だけど、
やっぱり大事なのは、

観音さまへのお敬い!
観音LOVE!!

だから、曲のタイトルも、

観音讃歌

と、つけたんです!
2010_06
27
(Sun)19:45

長谷寺LIVEの裏話。

『21世紀新訳・仏教経典(抄)』でも紹介しましたが、
裏話も含めて、こちらでもひとつ。

こっちのブログでも動画を貼りつけて宣伝しました、
2010.7.18長谷寺スピリチュアルLIVE!

(あれ?
そういえばこのブログ特典の
わたしの声が聞けるチケット予約、
だれもこなかったな?)

鎌倉ケーブルテレビという地域密着型の放送局さまが、
このLIVEのギタリスト兼作曲家、また演奏グループ“パンゲア”の主催者でもある
小馬崎達也氏を番組ゲストに呼んで下さりました!

そしてなぜかわたしも同行することに・・・
なぜ?
(これは上司命令でした・・・)

まあいいや。
添えもの、ということで。

事前に来たFAXの質問状でも、7つくらいある質問でわたしが答えるのは2つぐらいだし。
とまあ、鼻歌交じりで行ってはみたのですが・・・!

あれ!?打ち合わせから、小馬崎さん、飛ばしてるなあ。
かなりスピリチュアルにディープな話を次々と・・・!

でも、初心者にはちょっと、知りたい部分が省略されてるぞ。
もう当たり前になってんねんやろなあ。ちょっと補足せんといかんかなあ。

やっぱり、小馬崎さん、いっぱつかましときます?
お経、一節うなりますよ!

みたいな流れの結果が、
これだ!!!
JCN鎌倉7daysデイリー動画配信

一番下の6月25日、金曜日のところをクリック!
“7daysデイリー”という、地域の一週間の情報を紹介する番組のゲストコーナーで、
出番は8分10秒ごろ~15分57秒ごろです!

(7月3日追記。
昨日付けで、動画のアップは更新されて、終了しましたので、あしからず。)


いやあ、スタジオなんて、初めて入りましたよ。
緊張しそうだったので、
何も考えないようにしましたが、リハーサルも含めて1時間半以上かかって撮影を終えたら、
どっと疲れました。

家に帰ったら、不覚の爆睡!

なんだか大変でした・・・

でも、放送の反響がさっそくありましたよ!
コンサートチケットの問い合わせの電話が殺到!!(ほどほどですが)

あとは、本番頑張るだけや!!
(いや、実際はいろいろ段取りもせんといかんのですけどね。担当者デスカラ・・・)
2010_06
21
(Mon)06:43

長谷寺スピリチュアルLIVE!!



とりあえずは、
動画を見てみてください!
リンクサイト21世紀新訳・仏教経典(抄)でもご紹介しましたが、
来たる、7月18日にこんなライブがあります!!

どうです?オモシロそうでしょ?
「あ~、もうちょっと聴きたかったのにー!」
と、思いました?(しめしめ)

公演まで一ヶ月をきりました!
チケットあとわずか!
お問い合わせはお早めに~

(まるっきり営業だな・・・)

チケット取り扱いは
鎌倉・長谷寺のみです。

今なら特典で、電話応対にわたしが出る、かも・・・
(どうでもいいって?)
あ、いない日もありますので、そこんとこヨロシク。
(だから別にどうでもいいって!)



ちょっと、ここからはお坊さん向けかな?
今まで、ムツカシイ「声明(しょうみょう)」という仏教音楽と
いろんな楽器が合わさるコンサートはありましたが、

今回は浄土宗のお坊さんならみんな普段からお唱えしているお経に
音楽が合わさります!(長谷寺ですので、観音経を使ってますが。)

ということはこの演奏家たちを呼べば、日本中の浄土宗のお寺で再現可能!!
ということです!

檀家のお寺離れがさかんに言われておりますが、
お寺の持っている可能性って、まだまだ開発の余地あり!ですよ!

僧侶が当たり前と思っているようなものも、
一般の人には目がキラキラするような、
摩訶不思議でステキなものって、いっぱい!

みんなで仏教を盛りたてて、
みんなでいきいきと生きてゆきましょう!ね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。