2011_07
26
(Tue)09:38

三界万霊(さんがいばんれい)のこと  その12 さあ、大団円!涅槃界のはなし!!!

(前回の続き)

ちなみに、
この「有頂天」さえも超えたところにこそ、

我らがお釈迦様が到達なされた

「涅槃」

の境地があるのです。


「有頂天」をも突き破ったことで、お釈迦様は「仏陀」となられたのです。




お釈迦様の出家後最初の師匠の名は、

アーラーラ・カーラーマ。(←アーチーチー、アーチではない。)

かの師の境地とは「空無辺処(無所有処という説も)」だそうです。


お釈迦様はすぐにこの境地を習得なされ、次の師匠を求めます。


ようやくたどり着いた師の名前は、

ウッダカ・ラーマ・プッタ。

この師の境地こそが、「非想非非想処」
つまりこれ以上はないとされた「有頂天」だったのです。



それらの勝れた境地をも乗り越えるべく
苦行を積み重ねること六年。

やがて苦行を捨て、
覚りを開かれたのが

釈迦牟尼仏
なのです。


だからですねえ。
お釈迦様は「三界」すべてを乗り越えられたわけなんですよ。

(このふざけたブログをまじめに読んで下さった方々なら、おわかりでしょう!?
「三界」というものが、いかに人間ごときの分際を越えたものか…)


「三界」を乗り越える

これは仏のみに許されたことなのです。

まかり間違っても、ワタシャ

「我れ、三界の大導師とならん!(エッヘン!)」

なんてセリフ、言えないっすよ!

エッヘン。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。