2012_11
05
(Mon)06:18

絵本『極楽』の、楽譜について!

先日、風濤社に、絵本『極楽』の楽譜についての問い合わせがありました。
その方に対して差し上げた手紙ですが、
これって、他の皆さんにも参考になるかな?と思って、記事にアップしておきます。



絵本『極楽』の“楽譜”とは、仏教音楽の「声明(しょうみょう)」です。
特に、これは真言宗で用いられる声明のうち、
「阿弥陀讃(あみだのさん)」というものです。

歌詞と訳を記します。

「稽首天人所恭敬けいしゅてんにんしょくぎょう (神々も人々も頭を垂れて恭しく敬うところの)
 阿弥陀仙両足尊あみだせんりょうそくそん   (偉大なる阿弥陀如来よ)
 無量仏子衆囲繞むりょうぶっししゅいにょう  (はかり知れないほどの数の仏弟子たちに取り囲まれて)
 在彼微妙安楽国ざいひみみょうあんらっこく  (かのかすかに妙なる“安らかな楽しみに満たされた国(=極楽)にまします)」


もう少し詳しく解説します。
・“稽首”とは、頭を地にこすりつけて礼拝すること。
・“天人”とは、六道輪廻中、地獄・餓鬼・畜生(・修羅)をのぞいて極楽へと往生することが許されている“天(神々)”と“人(人間)”のこと。
ここでは、「人間だけでなく、あらゆる神々も額ずいて敬うところの―阿弥陀如来よ」と理解すればよいのでしょう。
ちなみに、人も神も極楽に往生した時点で、誰もが美しく金色に輝く姿となるそうで、根本的な区別はなくなるそうです。
ただ、「前世は天だった」「前世は人だった」という仮の区別で“天”“人”と呼ばれる、と経典に書かれております。
・“恭敬”は、恭しく敬うこと。仏典によく出てくる定型句です。
・“阿弥陀仙”の“仙”は、おそらく古代インドで偉大な霊的指導者を意味する“大仙(リシ)”を指していると思われます。
平たく言えば、“阿弥陀仏”。ちょっと古めかしい言い回し、といったところでしょうか。
・“両足尊”は、「二本足で立つ生き物(=人間)のなかで最も尊い存在」つまり、“仏陀”です。
“仏陀”とは、私たち人間の仲間であり、その 究極の完成形である、ということが示されている、素晴らしい尊称だと思います。
・“仏子”とは“仏弟子”のこと。菩薩と言い換えてもいいでしょう。
“阿弥陀”とはインドのことばで“はかり知れない”という意味ですが、
それは“阿弥陀仏の寿命自体がはかり知れない”“阿弥陀仏の発する光明がはかり知れない”のほかに、
“極楽における阿弥陀仏の弟子の数がはかり 知れない”ことも名前の由来となっているのです。
・“囲繞”とは、取り囲み、めぐること。つまり、ぐるぐると阿弥陀仏のまわりを回る、ということです。
これは、インドで最高の尊敬を表す所作です。つまりは、「数知れない程の弟子たちによって、これ以上ないくらい最高の礼拝をされ続けている」ということ。
・“微妙”―今の日本語の語感では、「どちらでもない」というような、曖昧な意味になってしまっていますが、本来は非常に良い意味です。
“妙”は「妙なる」と読めば、それだけで非常に良い意味ですよね。“微”は「ひそか、かすか」の他に「妙なる」という意味もあります。“微 妙”で「奥深く知り難い」「なんとも言い得ない細やかな味わい」という意味になるようです。
・“安楽国”―“極楽”の異訳です。極楽は原語でSukhavatiで、“幸いの満ちる世界”といった意味です。“極楽”が最も有名な訳です が、他に“安養国あんにょうこく”“安楽刹あんらくせつ”といった言い方もあります。

さて、漢字の横に記された音符は、「博士(はかせ)」と言います。音の高さや上がり下がりを示す線のほかに、「トメ」「ユソ」「クル」など は、独特の声の出し方や微妙な音程の調整を指示しています。
残念ながら私は浄土宗の僧侶で、真言宗の声明は正確にはわかりません。
西川隆範先生は真言律宗の僧籍をお持ちで、先生にお尋ねしましたら「これは見た通りですよ」とおっしゃいながらさらさらっと歌って下さったの ですが、私には把握できませんでした。
(この阿弥陀讃を持って来られたのも西川先生です。)

一応、CDを計画なさっているお坊様もいらっしゃるようですが、まだ購入などは出来ない感じです・・・。
http://www.eastvalley.or.jp/cdproject.html
(Disc no.9に収録予定のようです…。)

こちらに、博士についての解説があります。
http://www.eastvalley.or.jp/hakase.html
阿弥陀讃ではないですが、こちらも参考になるかと思います。
http://www.eastvalley.or.jp/gakuri.html




以上です。ご参考になりましたでしょうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。