--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_03
10
(Thu)11:14

三界万霊のこと  その2 珍説・奇説 大パレード!

さて、「三界万霊(さんがいばんれい)」でしたね。

ちょっと、ウラを取るためにネットでググってみたら、
阿然、ボー然の珍説、奇説が魍魎跋扈、七転八倒してるんで…

先に、正しいことを言ってしまいます。

三界とは、

欲界(よくかい)

色界(しきかい)

無色界(むしきかい)

の三つです。

そして、この三つは、
すべて「迷いの世界」なんですう!!

これは仏教の世界観・宇宙観にも通じるもので、仏教を学ぶ大前提なんですね~!
(しかし、ハッキリ言ってしまいます。これは、ムズカシイ。)


まず、欲界から。
これは、
「欲望を持った生き物たちの世界」。
これはですね、地獄の亡者に始まり、
餓鬼界の餓鬼たち、
畜生道の動物たち、
私たち人の世界はもちろん、
なんと、神々の世界までも入っちゃうんです!!
(えー!!なんとおそれ多いこと!)

また後で詳しく説明するとして、次に色界。
これは、
「欲は無いが、姿かたちのある神々の世界」。
ハイ???なんだそれ???
となった人。フツーの反応かと思ひます。
さっきの欲界の神々とは別に、
「欲望を離れ切った神々」がいらっしゃる、ということなのです。

なんだそれー!!??

となった人には、もうこの先、オススメ出来ません。

え?いいからはやく説明しろッって?

ハイハイ、最後に、無色界。
これはですね、
「欲も形もない神々の世界」。

ガビョーン。バビョーン。。。

理解不能。
ハイ、こちらも説明不能。

いや、ね。
それぐらい、わけわかんないっすよ。


まあ、こんな内容だから、珍説・奇説のトンデモ説明をしてはるサイトはんもあるんやろなぁ。

珍説・その1。
「三界は仏教語で、欲界、色界、無色界をいい、俗界というのは、食欲、性欲、睡眠欲をいう。色界は食欲よりも性欲の強いことをいい、無色界は性欲のない心の世界をいう。」

…「俗界」?「欲界」のマチガイ?
さらに、欲望を克服した神々の世界を指して、
「食欲よりも性欲が強い」???

あやまれ!!!神さまにあやまれ!!!

とまあ、本気で笑いながら腹の立つことが、うすっぺらくまことしやかに書いてあるっぺよ、ネット情報には。
一人の発信者がいいかげんだと、無責任にコピペする人々の共同作業によって増殖しちゃうから、要注意ね!
やっぱり、ネット情報は、まるまる信用しちゃダメだよ!
お金を出して買った専門的な本じゃないと、正確じゃない情報も多々あるみたいだから、ね。
(なんせ、ちゃんとした本は著者が責任もって語った内容が書いてあるハズ、だから。)

とりあえず、「色界(しきかい)」の「色(名色みょうしき・ナーマルーパ)」を、「色好み=性欲」のことと勝手に解釈しちゃった人が、言い切っちゃったんだろうね。残念だなあ…。
そして、「無色界」の説明はグダグダ。そもそも、「界」って何!?状態ですネ。前の二つは「欲」なのに、最後は「心の世界」って…。
なにもかもあいまいなままなのに、説明を始めちゃったんだろうね、この人。(しゃべくりならまだどうでもいいけど、文字情報として残りますからねぇ。害悪ですよ。)

珍説・その2。

「三界には過去・現在・未来という意味もあるそうで、」
ありません。
無知の極みですね。

いいですか!?そもそも「世界」ということばが、仏教語なんです!
時間軸をあらわす「世」と、
空間軸をあらわす「界」の複合語なんです!
仏教で言う「世界」とは、空間・時間合わせた広がりとして、とらえる必要があるのです!
(今、日常語の「世界」には、空間方向の広がりしかありませんもんね。)

ですから、「過去・現在・未来」をあらわすことばは、
「三世」
なんです!
「三界」には、時間軸の広がりはありません!

(ちなみに、漢字の「宇宙」の場合は、「宇」が空間的広がり、「宙」は時間的広がり、という意味になります。よく似てるでしょ!)

【註:ただし、この後、気になったので、仏教語の「世界」の原語である“loka-dhAtu”まで調べてみましたら、時間的な意味合いは見当たらなかったです。原語をムリヤリ訳してみると、「空間の要素(の集積)」「光が照らす境界の集合」ぐらいでどうでしょうか・・・。“loka”は「光る〈ruc〉」から生まれたことばで、西洋にいくと“lux”になります。蛍光灯の明りの単位ね。
ちょっと、ムズカシイはなしでスミマセン。】

奇説・もろもろ

新興宗教の勝手な解釈ズ。
書く気にもならない。


普段、あんまり批判的な記事は書かないんですがね。
ネット情報には、しろうとの気付きにくい、しろうとによる落とし穴がいっぱい開いている、ということを、
今回の話材にひっかけて警告としてご紹介しておいた方がよかろうか、と。

ああ、ほんまなんか疲れちゃったから、今日はこのへんで。ほな。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

勉強になりました

ありがとうございます。

2012/08/23 (Thu) 19:43 | よう #Hb8WYnzA | URL | 編集 | 返信

よう様
コメントいただき、ありがとうございます。
お役に立てたのなら、よかったです(^_^)v

検索ワードで「三界万霊」で来られる方も多いようですから、拙ブログも、多少は存在意義があるのでしょうか。

それにしても、この記事にもあるように、ネットの情報をまるまる鵜呑みにするのは危険です。wikiでも、案外間違いは多いですから、きちんと調べるには、複数の情報を参考になさることをお勧めします。
「情報ソースがひとつでは多すぎる」のです。

またいつでもお気軽にコメントくださいね。

合掌

2012/08/24 (Fri) 12:33 | えいしん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。