--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_04
23
(Sat)21:41

法然上人の大師号について ―数々の大師号のナゾ

さて、昨日の続きです。

法然上人のお師匠様である善導様を
「善導大師」
とお呼びしたのは、
私が本を書きました江戸時代の傑僧・忍澂上人が最初だった、というところまでお話しましたね。

さて、善導様の一〇〇〇年忌を迎えるに当たって、
その偉大さを讃えるための尊称として用いられた
「大師」という呼び名。
これが、浄土宗の門人みんなにピッタリと来たのです。

「そうだ!やっぱり、あれほどのお方なのだから、“大師”でお呼びしなくっちゃ。」

そうなると、です。善導大師以上に大切な、
我らが法然上人も、より相応しい尊称を!

なんでも、「上人」ということば。
悪くはないのですが、
「隠遁者」という意味があるらしく、
やっぱり、ひとつの宗派を背負って立つ、開祖様の尊称としては、
なんか、もひとつ、ものたらん、っちゅうか・・・

いや、やっぱり「大師号」やで。

といった感じでした。

しかしです。

日本では「大師号」はちとややこしくて、
天皇から頂戴せねば、勝手には名乗れないのです。

他の宗派の開祖様たちもみんなもらってる。
うちらももらわんと!

実は、
そういう動きは江戸時代以前からあったのです。
これは、やはり浄土宗が“寓宗(かたわらの宗派。オマケの宗派、といった意味)”呼ばわりされていた境遇から、
ちょっとづつ勢いをつけて来た時代背景と呼応しているようです。
しかし、なかなか法然上人の「大師号」は実現しません。

そうして、江戸時代を迎えるのです。

浄土宗は徳川家の菩提寺として、メキメキと大きくなってゆきます。
もちろん、政治力だけではなくって、
忍澂上人はじめとする数々の傑僧たちが輩出して、
法然上人のみ教えも、深く掘り下げられて行きます。

そうした、内実ともに充実してきた時に向かえた善導大師一〇〇〇年忌。
善導様に「大師号」ならば、法然上人にも「大師号」を!

そうした流れの盛り上がりがあったのです。

ちなみに、善導に「大師」を認めたのは徳川四代将軍家綱。
ですから、法然上人の「大師号」も、将軍様から授かればよい!
しかも、五代将軍は勉強熱心。
法然上人のみ教えの奥深さを、ご自身がよくご存知である。

というわけで、ついに元禄10年(1697)正月18日。
法然上人滅後486年目にして、ようやく
「円光大師」
というお名前を戴いたのでした。
そうそう、いくら将軍様がプッシュしてくれたからって、
お授けするのはあくまで天皇です。
当時は東山天皇。御年22歳であられました。
綱吉は51歳でしたから、
おそらくは圧倒的に綱吉の意思が反映されたものと思えますが。

そしてさらに。その15年後に迎えたのが、
今度は法然上人の500回忌。
この記念すべき年に、
やはり追加で「大師号」がもらえないか、と非常に運動があったのでしょう。
すでに東山天皇も綱吉もこの世を去っていたのですが、
六代将軍家宣(49歳)の強力な力添えがあったのでしょう、
中御門天皇(なんと9才!実際には祖父の霊元上皇が摂政をおこなっていました)より、
二番目の大師号
「東漸大師」
(ようやく東のはてである日本に、浄土教をもたらしたお方、といった意味でしょうか)
の尊称を戴いたのでした。

そして、なんと以降50年ごとに時の天皇から、新たな大師号を戴き続けているのです・・・。

第三「慧成大師」(桃園天皇より・1761年・550回忌)

第四「弘覚大師」(光格天皇より・1811年・600回忌)←お名前と同じ「コウカク」という音です。

第五「慈教大師」(孝明天皇より・1861年・650回忌)

第六「明照大師」(明治天皇より・1911年・700回忌)←「明治」の一文字を戴いています。

第七「和順大師」(昭和天皇より・1961年・750回忌)←「昭和」の一文字を戴いています。


そして、つい先日。ブログにも書きましたが、
とうとう第八番目の大師号「法爾大師」をば、
今上天皇より戴いたのでした。

おお、もったいなや。ありがたや。

合計八つの大師号。
これだけ大師号をお持ちのお方は、
名だたる銘僧方の中にも、いらっしゃいません。

このことを、奢るのではなく、誇るのではなく、
ますます法然上人のみ心を汲むべく、
そのお優しい人柄を我がものとするべく、
宗祖の教えを学ぶ決意を新たにする機会へと
しなければなりません。

それこそが、法然上人から願われている
弟子の在り方に違いないのですから。

南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。
合掌。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。