--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_09
12
(Mon)21:30

お月様にいるのは、ひきがえる!?

今日は中秋の名月。
皆さんは、お月見はしましたか?
ちょいとパソコンの画面から目を外して、お空のお月さまをごらんあれ。

観ました?

でわ、話を進めませう。

ええっと、すっとんきょうなタイトルですが、
「ナニ言ってんだヨゥ!お月様にいるのは、ウサギに決まってるじゃんかヨゥ!」
ですって?

ええ、そうなんです。
でも、もうひとり(いや、いっぴきか)お月様にいるのが、「蟾蜍(センジョ・ひきがえる)」。
古代の中国では、お月様にいるのは“ひきがえる”と言われていました。
あ、なんでかは聞かないでね。なんでだろね。

それともうひとり。いや、いっぽん。
お月様にはえているのが、「桂の木」。
なんでも、桂の葉っぱは真っ黄色に紅葉するそうで、
昔の中国の人は

お月様には桂の木が生えていて、葉っぱが真っ黄色だから
お月様も黄色いんだぞなもし。

と考えたようでありまして…。

ちなみに、
お月様にある「桂の木」だから、
「月桂」。

ついでに、この名前は、西洋の「ローレル」を和訳するにあたって借用されて「月桂樹」。
その葉っぱで編んだ冠は、「月桂冠」。



さあ、月の景色がそろいました!

実は、おみくじのなかに、この景色が出て来るんです!

第四十九、吉。
正好中秋月・蟾蜍皎潔間・暗雲如何処・故々両相攀。


まさに好し、中秋の月。 

蟾蜍(=ここではお月様の別名)が白く清らかな間は
(つまり、雲間から秋の満月が出ている様子)

黒い雲もどこにあるというのか。

古なじみ同士、二人してよじ登る。




最後の一句がわっかりにくいのですが、
「故=ふるなじみ」×2。
昔からの知り合いが二人。
これが、つまり
月に住む「うさぎ」と「ひきがえる」。

「相(とも)に攀(よ)じのぼる」
何にのぼるかって?
それはもちろん
月にはえている「桂の木」。


ね?オールスターが出てきたでしょ?

秋の満月のなかで、
幼なじみの「うさぎ」と「ひきがえる」とが仲良く「桂の木」によじのぼっている。


・・・それがどうしたって?
じゃあ、もう少し判じましょうかね。
大きな声では言えませんが、ワタシメ、おみくじにはかなり詳しいんで。


冴えわたる月。そう、まるで秋の名月のような。
今までの問題がウソのように去って、すっかり心も晴れ渡る。
それは、昔からの大切な友に出会ったから。
今だけは、いやな事は忘れて心から楽しもうではないか。



こんな塩梅かな。


でも実は、ちょっと気になることもあるんだよね。
これ、男女関係でも読めちゃうんだよね。

そうなると・・・
このおみくじを引いた人は、もしかしたら、日常を忘れちゃうような恋愛をしているのかも!?


・・・まあいいや。

おみくじは、今のあなたの運気の状態を教えてくれます。
吉や凶にとらわれずに
自分を見つめ直す鏡として
参考になさればよいかと思います。


なんの話だっけ!?
ずいぶん着地点の違うオチになっちゃったな…。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/01 (Wed) 21:39 | # | | 編集 | 返信

Re: おみくじ第49番

ご質問いただいてから、記事をアップするのにたいへん時間がかかってしまい、失礼致しました。ご参考になさってください。

2014/01/17 (Fri) 05:31 | souryoeishin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。