--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_10
01
(Sat)00:09

阿弥陀大呪、今見ると硬派な意訳!

でわでわ、先日お約束した『阿弥陀如来根本陀羅尼』の意訳です。
20代のころに書いたもので、ちょっと文語体というか、古典的な言い回しですね。
今読んでもなかなか面白いなぁ、と手前味噌ながら思ったりするのですが、
ちょっと読んでもらった知り合いには
???
だったみたいで・・・。
ですので、次回には、アラフォーのワタシメが軟らかめに訳し直したものもご紹介します。
(あ、ナンパな訳か!)

まあとりあえず、今回は硬派な訳で。
押っ忍!
(カッコ内は、前回ご紹介した逐語訳です。ニュアンスを比較して頂ければ。)



『阿弥陀如来根本陀羅尼』(硬派な意訳)

比類なき光と、光へと至る道と、光に照らされ賦活(ふかつ)されし生命とに帰依し奉る。
((仏・法・僧の)三宝に帰依し奉る)


帰依し奉る、神聖なる際限なき光よ。真如より来たれる尊(みこと)よ。最上に尊き者よ。正しく菩提と共に在る者よ。
(聖なる無量光如来・応供・等正覚に帰依し奉る)

その姿をつまびらかに讃えん。即ち、
(即ち)

おお、不死なる永遠を与えし甘露よ。
(オーム、甘露よ)

  湧き出づる甘露にして  甘露の泉と共に在る尊よ。
  (甘露を生み出す尊(みこと)よ 甘露の源なる尊よ)

  秘められし甘露にして  甘露の満てる姿よ。
  (甘露の胎よ         甘露を成就する尊よ)

甘露の偉大なる働きをも讃えん。
(甘露の威光よ)

  勇猛なる甘露にして  甘露を勇猛ならしめる尊よ。
  (甘露の勇猛なる尊よ      甘露の勇猛なることを行ずる尊よ)

  広大無辺なる静寂の甘露にして  全ての者を力づける音楽なる甘露よ。
  (甘露の虚空の(如き広き)作用をなす尊よ 甘露の鼓の如き音よ)

  ありとある行いを成就せし尊にして  ありとある行いの汚れを削ぎ落とせる尊よ。
  (全ての目的を達成させる尊よ    全ての業と煩悩とを消滅させる尊よ)
まことに吉祥あれかし、弥栄(いやさか)!
(スヴァーハー)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。