--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_10
16
(Sun)07:01

阿弥陀大呪の次は、『往生呪』のご紹介!

知り合いのお坊さんからもらった黄檗版『阿弥陀経』(手刷り印刷です!)
最後にちょっと面白い陀羅尼が載ってたので、ご紹介します。例によって、漢字はややこしいから省略。


「抜一切業障根本得生浄土神呪

なむ あみたばや たたぎゃたや 
たぢやた
あみりーとばべぃ
あみりたー しぢばべぃ
あみりたー びきゃらんてい
あみりたー びきゃらんたー ぎゃみねー
ぎゃぎゃなー きたきゃれー
そわかー

もし善男子や善女人がよくこの呪(マントラ)を唱えるならば、阿弥陀仏は常にその者の頭の頂きに住んで、日夜にお守りします。
人の恨みを買うこともなく、この世では安穏に、臨終にはお迎えに来られて往生もお任せです。」


えー、割と丁寧にご紹介してきた「阿弥陀如来根本陀羅尼」を読んで下さればお分かりかと思いますが、
これはその省略版?ですかね。

では、せっかくだからサンスクリット語を充てていきましょうか。


なむ あみたばや たたぎゃたや
namaḥ ārya-amitābhāya tathāgatāya
 
たぢやた
tad yathā

あみりーとばべぃ
amṛta-ud-bhave

あみりたー しぢばべぃ
amṛta-siddhi-bhave

あみりたー びきゃらんてい
amṛta-vikrānte

あみりたー びきゃらんたー ぎゃみねー
amṛta-vikrānta-gāmine

ぎゃぎゃなー きたきゃれー
gagana-kṛti-kare

そわかー
svāhā


人によっては、「こちらは不完全な省略版に過ぎない」と考えたりもするみたいが、
完全には一致しないことと、
どの句をチョイスしているか(つまりは重要視しているか)なども併せて考えると、
もしかすると、阿弥陀大呪からの省略版ではなく、
こちらが元で、さらに増補されて阿弥陀大呪になった、という可能性も。。。
(もちろん、こちらが省略版なら、どこをチョイスしたかはさらに重要になりますよね!)

じゃあ、訳してみよっか。


阿弥陀如来に帰依したてまつる。

すなわち、
甘露を生み出す方よ。
甘露の成就を在らしめる方よ。

勇猛なる甘露よ。
甘露の勇猛なることを行ずる方よ。

虚空のごとき作用なす方よ。

幸あれかし!


語句が少ない分、阿弥陀仏様のどこにフォーカスを当てているかが興味深いですよね。
特に
「甘露の成就を在らしめる方よ。」
という一文は大呪にはないので、注目にあたいします。
(サンスクリット文法的に、あってるのかちょっと自身無いけど…)

あ、それと一応、『抜一切業障根本得生浄土神呪』は

『往生呪』

という通称があるみたいですよ。
一日六回、この往生呪を21回づつ唱えるといいらしいですよ。
20万回で菩提が得られて、
30万回で阿弥陀仏様にお目にかかれる、って解説もあります。

レッツ トライ!
してみては?
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。