--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_12
16
(Fri)02:14

シラー原詩「喜びによせる」、解説してみる。。

さあ、折角ですから、シラーさんの想いを少し解説して差し上げましょうか。

前々回、ベートーヴェンくんがバッショイ、ちがった抜粋していじっちゃった部分の解説はしましたが、
シラーさんの原詩はご覧の通り、その3倍くらいあるんですよ。
ということは、籠めたかった想いも3倍。
でも、めんどうだから解説は簡単にしーよおっと。

ぶっちゃけ、キーワードは三つかな。
「喜び」
「酒」
「兄弟」。


そして、敵は「権力者」。
そこに、キリスト教の匂いが、プンプン。

まあ、ざっとこんな感じです。

まず「喜び」ですが、シラーさんによると、どうやら「喜び」こそが現状を改革する力になるらしい。
傷つくことを恐れない熱狂。
自らが正しいことを知っているからこその勇気。
そしてそれは、本当の自由を知ったからこその、「喜び」。

これが、この詩の表向きのテーマです。
「さあ、みんな、喜ぼうよ!」
「本当の喜びを知りたいなら、やるっきゃないよね!」

・・・なんだか、わかったような、わからんような。
そうさね。「裏の想い」をハッキリ書きましょうね。
「ズルイことしてみんなをいぢめてのさばってる、あんないやな奴らを、権力の座から引きずり降ろせ!
あいつらから解放されてこそ、真の自由がある!これこそ、俺たちの本当の喜びなんだ!YO!」
ハイ。
だから、「絶望と勇気」が必要なんですね。
なんせ、権力者にねじ伏せられておしまい、なんてエンディングも想定内なんスから。

でね。
「喜び(というか、真の解放)」を手に入れるためには、
“それを手に入れたいッ!”っていう熱狂が必要なワケ。
そう、まるで“お酒に酔った”みたいな。
というわけで、冒頭に、早々に出て来る「feuertrunken火に酔って」(これはシラーの造語だそうです)に始まって、
お酒でカンパーイ!
みたいな言葉が頻出するんですぅ。
ここには、“「権力者=悪=神の命に背く者」に対峙する我々”、という構造がありますから、
必然、“我々”は「神に従う者=神が味方についている者」というワケで、
「“十字架でのはりつけで命を落としたキリストの血”を象徴する〈ワイン〉を飲むのは俺たちだ!!!」
的なワガママ、違った主張が繰り返されるワケで。
それも、いつの間にか「金に輝く発泡酒」になってるし。
たぶん、「第三のビール」だよ。
いや、実際にシラーさんがドイチュ人、ということをふまえると、マジで「ビール」を念頭に置いてたのかも。
なんせ、水のように、いや水よりもビールを飲むお国柄ですから。
まあ、表現としては
「ラム酒」
「金色の血でできたワイン」
「スピリット」(原詩では「Geist霊」。spiritに「お酒」という意味があるのは知ってるんだけど、ドイツ語の「Geist」にもそんな意味があるのかは、残念ながら存じません。しかし、「父・子・聖霊」の三位一体のなかの「聖霊spirit」に「酒」という意味も含ませ、“真理のために闘い抜く”という〈美酒〉に酔った〈魂〉が、その湧き立たせた〈魂〉を天球の上までも飛ばす、というのは、かなり洒落がきいてるなァ、と感心してしまうんでありんす。)
などと、なんだかいろんな種類のお酒、登場でござーい、って感じですけど。

そしてね。
「兄弟」。
「アナタハ、神ヲ信ジマスカ?ワタシタチ、ミナ、兄弟!」
なんて言われると、
「いえ、アナタとは、他人です。」と心の中で返事しながら、ちょー早足になりそうですが。

シラーさんは、いちおう、悪い奴らも
“父なる神の御前では、だれしもが兄弟だ”
とおっしゃりたいんです。
でも、
“あんなイヤな奴らは、救われんでもいいだろう。”
とも思っておられるご様子。
“お前ら、イヤなことばっかりしやがって!オレらのこと、「兄弟」なんて言えんのか?お前ら、ともだちおらんやろ!”
みたいなことが、腹んなかをグルグル、うずを巻いている感じなのなの。ト、トイレ…。

まあ、なんせ、
「心正しき者こそが救われる」
「父なる神は誰もを平等にお救いになる」
「兄弟と呼びあえる者同士ならば、必ずや誰もが救われねばならない」
そして、
「独裁者よ、最期の審判の日に、お前は“兄弟”と呼ばれる資格があるのか?」
こんな想いが入り混じり、主張としてはブレまくっているワケで…。
でも、当たり前ですよね。
当時はこうもハッキリ体制批判をすれば、おそらく命は無かったでしょうから…!
ですから、「神を讃える詩」という体裁を保ちながら、
わかる人にだけ強烈にそのメッセージが届くように、工夫を凝らして書かれたわけなんです。

オモシロイ表現としては、
“占星術師たちの望遠鏡も届かないところ”
これは、未来を予言する者たちもわからないような未来を、太陽たちが新しい軌道を作って切り開く、ということ。
“太陽たち”って、情熱に溢れた、勇気ある革命者たちのこと。

〈偉大なる世界時計の車輪〉
これって、「運命の歯車」みたいなことだよね。

天使たちの名前が出て来るのもおもしろいよね。
天使の位、上から二番目のケールプ(ケルビム)は、この位になってはじめて「父なる神」に直接お目にかかれる存在、ということだけど、
セラフィムって、最上の天使で“神を讃えたい気持ちで燃えている”から「熾天使」なんて呼ばれてるのねん。知らんかった。

“古びた棺のふた”を蹴破って
これって、独裁者のもとでキュークツになって死にそうになっている自分たちが、その現状を打破する(眠眠打破?)ことの比喩なんですよね。

ちょっとニュアンスが似てるけど、
“死者の白布”に包まれて
て言うのは、「最期の審判の日まで墓の下で眠り続ける」ということ。
全人類が裁かれる、というその日まで、クリスちゃんたちはみーんな墓の下で寝て過ごす、らしいので。
そんでそん時、
「兄弟よ。」
と呼ばれて、俺たちゃ
「ハーイ!」と返事できるけど、
悪い奴らよ、おめえらは、返事できるのけ?
ということ。
もしかしたら、批判がばれて討ち死にしても、最期の日にはオレ、救われるもんね!的な主張なのかもしれません。
(おバカに書いてるけど、めちゃめちゃ重いんすよ!?シラーさんも、覚悟いっただろうなァ。思ったことをわかる人にはわかるように書くのって。)


さあ、なんだかんだまた長ーくなっちゃったけど、最後にもうひとつ。


“嘘つきたち”から与えられるパンなど口にするな!
これって、今の原発問題を誤魔化そうとしているお上に対しての言葉に思えてならないんですけど…。

「勇敢であろうとすること」、それは美しい。
悲しみや困難が先に訪れたとしても、
それをさらに上回る喜びがやって来るのだ。


原発マネーで骨抜きにされている官僚、マスコミなどあてになりません。
いつの間にか情報操作されて、
「原発?まだそんなこと言ってるの?」といったムードが、
うまーく演出されてるぢゃないか。
いえいえ、なんにも終わっていないどころか、
毎日、元気に吐き出してますよ!毎時0.6億ベクレルもの放射性物質を。
「喜び」がやってくるかどうかはわかりませんが、
起こり得る「悲しみ」を少しでも予測し、少しでも回避できる方法を模索し、世間に訴えること。
これは、決して無駄ではありません。

後悔の痛み、涙を一粒たりとも流すことなどないのだ。

そう、本気で向かい合うならば、ね。
今からでも遅くない!原発問題に、みなさん真剣に向き合いましょう!
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。