--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
15
(Wed)07:10

今年も来ました、涅槃会!

今日は何の日?
”チョコの安売りの日”じゃ、ないからね!

はい。
今日は、「涅槃会(ねはんえ)」ですね。

お釈迦様の三大法会
(あとふたつは、なーんだ?)

ええっと、ちょっと時間が無いので、
とりあえず過去記事のリンク、貼っておきます。

「みんな、今日は涅槃会、お祝いしたかな~?」2011.02.15


「慙恥の服は諸の荘厳に於いて最も第一と為す(ナニ?ようわからん…ですと?)」2011.02.17


涅槃って、
ナンダカヨクワカンナイ外国のバンドでもなく、
ダレダカヨクワカンナイ俳優が親父を待つところでもなく、
「迷いの世界」、〈三界〉をすべて、すーべてっ!乗り越えた境地!!ですからね!

そのへん、やすっぽくしてしまわないように。

すべてから、解き放たれた境地。
非想非非想処さえ、越えたところ。
うーん、ムズカシイですね・・・。

でわ、みなさまがしゅくしゅくと「涅槃会」に想いを致されますように。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/15 (Wed) 09:34 | # | | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/15 (Wed) 14:38 | # | | 編集 | 返信

No title

うーん、救われてるよな~どう考えても…苦悩期(モラトリアム?)が長かったためか、悩み癖がまだ抜けてないみたいで、しょうもない繰言を言いました。

2012/02/15 (Wed) 15:16 | ゆん #- | URL | 編集 | 返信

Re: No title

ゆん 様、
再度コメントをお寄せ頂き、たいへんありがとうございます。
非常に楽しく読ませて頂きました。

ゆん様のお家は、浄土真宗なのですね。失礼致しました。
どうぞ、お家のご宗旨を大切になさって下さい。

「他力本願」については、我々浄土宗の理解と、真宗さまでは違いがあるようですね。

法然上人のお言葉だと、
「念仏申した者が必ず極楽に往生できるのは、自分の力などでは決してなく、すべて阿弥陀仏様のお力に依るのだ。これを、〈他力〉という」
ということなのですが、
親鸞さんのお言葉ではどうなのか、よく知らないのですが、
とりあえず今の真宗の方は
「念仏申す」ということさえ、〈自力〉とみなされるようですね。
法然上人は、「念仏申している自分に力があるから極楽に行けるんだ」というような考え方を〈自力〉と呼んでおられるのですが。
(つまり、現在の真宗では「行」を徹底的に排除している。「行」を一切しないで、「信」だけで救われる、という立場を、
〈絶対他力〉と呼んでいる。)
これは、“同じ言葉を用いてもその定義が違う”という問題なので、どうしようもない部分です。

まあいいや。
ささいなことはどうであれ、
ゆん様はよく「なむあみだぶつ」と申されるようで、何より素晴らしいことだと存じます。

御推薦の坂内龍雄氏著『真言陀羅尼集』、私も持っておりますよ。
でも、ゆん様ほど読み込んでいないですね。お恥ずかしい。。

また、もともと私はシュタイナーの人智学を学びましたので、西洋の感覚も実は結構好きなんです。
シュタイナーは、
「心身ともに健康である、ということは難しいかもしれないが、
心身ともに極力健康であろう、とすることは、誰にでも志せることである」
と述べておられます。
こういう無理のなさ、いいですよね。

それと、天使に限らず、日本の神々だって、お名前をお呼びするとお喜びになるようですよ。
こちらから、その神様の益々のご繁栄を祈念する、という作法もあります。

またいつでもコメントくださいませ。
ゆん様のご多幸を、祈念申し上げます。
南無阿弥陀仏。
合掌

2012/02/16 (Thu) 15:48 | souryoeishin #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。