--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_04
08
(Sun)22:01

甘茶で、かっぽれ! 今日は花まつりでした。。

花まつり2012

今日は4月8日。
そう、花まつり!
お釈迦様のバースデー!

甘茶を誕生仏様に、注いで、注いでー。

で、この甘茶という飲み物なんですけど、
正式には
アジサイの亜種の植物「アマチャ」の葉を蒸して加工して作ったものを煮出した汁
なんすよ。
「アマチャ」は、漢方薬として売ってます。

ちなみに、前にいたお寺では、
アマチャの他に
カンゾウ(甘草)
ニッキ(肉桂)
チョウジ(丁字)
そして香りづけとして、
ビャクダン(白檀)
を調合したものを、やかんで煮出してました。

自分で配合すると、
「あー、チョウジ多過ぎて、まっず~」とか、
「やっぱ、カンゾウ多めやとスッと甘いなァ」とか、
いろいろわかって面白かったですね。

それと、花まつりの日にお寺で甘茶をもらって、
それで墨を磨って字を書くと“書が上達する”と言われたり。
また、
その墨で和歌を書くと、虫よけになる、なーんて言われたりもするんですが、
今日日、それを語り継ぐ人も少ないんかなあ、と思ってブログっときます。

その和歌とは、こうです。
「千早(ちはや)ぶる 卯月八日(うづきようか)は吉日(きちじつ)ぞ 
神下げ虫を 退(しりぞ)けぞする《成敗ぞする、という説も》」

うーん、ミステリアス。
その昔は、和歌自体が“神のお言葉”“神威の現れ”と考えられていました。
和歌には不思議な力がある、と考えられたんですね。

たとえば、“泥棒よけの和歌”とか
“火災よけの和歌”とか、
そういったものを“それなりのお方(行者)”に書いてもらって家の中に貼ったりなされました。

そういうセンスですね。


また、“卯月八日”自体が、実は仏教とは関係のない春のおまつり、“山遊び”の行われる日だったのです。
この日に山に行き、花を摘んで帰って家でその花を飾った、とか。
参考サイトその1   その2

まあ、ややこしいことはともかく、
そんな歴史もありーの、
っちゅうわけで。

でも、今ごろ紹介しても、ちょと遅かたアルネ。

来年まで覚えてらんねーっ!
おとといブログ書きやがれーっ!!

ですって?

ごもっとも。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。