--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_07
09
(Fri)12:30

「お地蔵さまの持っている、桃。」

  今日、お寺の問い合わせの電話で、
「お地蔵さまの持っている、丸い、先のとんがったのは、桃ですか?」
というのがありました。

はい、そうです。
です!
 (桃さん、見てますか?いつもコメントありがとうございます!)

といってもよかったのですが、(いいわけねえだろッ!)
やっぱりやめました。

「あれは、宝の珠とかいて、宝珠(ほうじゅ・ほうしゅ)といいます」
「ああ、そうですか・・・」
と引き下がられそうだったので、
摩尼宝珠(まにほうじゅ)ともいいますよ」
「どういう字ですか?」
「これこれこういう・・・」
「ありがとうございました」(ガチャ)

あれ?摩尼宝珠ってなんですか?ってつっこみはなかったな・・・

そして5分後。

ジリリリリリリリリーン! (←いつの時代だ!)
電話でーす!

「あの、さっきの摩尼宝珠ってなんですか?」
キター!!!

というわけで、今回は摩尼宝珠の話。

摩尼宝珠っていうのは、

 願い事をかなえてくれる宝石。
 水に入れると水を清めてくれるパワーがある宝石。
 宝石の中の王様。

と言われています。

ちなみに、
摩尼宝珠のレシピは こちら、本編で。

ほかにも、
仏さまの部屋をキラキラと照らしたり、
(ゴージャス&ハイパーなミラクル照明機器、といったところでしょうか)
仏さまの台座の素材になったり
(もうね、大きさも数もすさまじくって、いろんな宝石を生み出しながら輝きまくるッ!って感じ)
と、
まさになんです!


あと、
えっとね。

お寺のお堂のてっぺん。
屋根のとんがったところについてるでしょ?
まるい、上のとんがった玉が。

あれも、

摩尼宝珠
なんだよ。

お寺って、

 みんなの願いをかなえてくれるところ。
 みんなの心を清めてくれるところ。

なんだと思うよ。ほんとに。
(そして、そうありたいなぁ、と思っております。心底ね!)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。