--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_06
28
(Thu)06:32

絵本『地獄』と絵本『極楽』、朗読会のお知らせ(終了。)

先日、
娘の小学校で絵本『地獄』と絵本『極楽』の読み聞かせをして来ましたよ!

娘の小学校では、定期的に朝の15分間、保護者による読み聞かせがあるんです!
うちの妻の判断で、私のちょうど休みの日に、
朝の8時半から15分間、小学5年生20人くらいの前で、
大熱演朗読会をご披露して来ました。

(昔、大学で演劇の授業がありまして、朗読の練習方法も教えて頂きましたので、
黙読を繰り返す所から声にだんだん感情を乗せるやり方で、何回も読み込んだんです。)

そりゃあもう、子供たちの反応は良かったみたいですよ。
ワタシメは必死に絵本読んでましたから、細かい反応は見れませんでしたが、
妻いわく
「みんな食い入るように聴いてた」
「〇〇ちゃんは目をつぶってこわがってた」

などなど・・・。


でも、問題なのは、読んだ後のコメントなんでしゅ。

うちの妻から
地獄の賽の河原について、必ずフォローしろ!
と、厳命されておりまして…。


いや、ね。
「早く死んでしまうこどもは、仏様から用事があってはやく呼ばれた、って言おうか」
「そんなの、どこにも書いてないでしょ!」
とか、
「昔は子どもが水に溺れたり、遊んでいて事故で死んじゃうことが多かったから、
子どもが死なないように、気をつけるようにわざと怖がらせた、って・・・」
「大人にはわかるけど、昔の社会状況なんて子どもに説明してどうすんの!?」
とか、
どんだけハードル高いんですか???

それで結局、妻からメールにて指示あり。
それを要約して、読了後にあわてて自分なりにお話をしてみました。

「賽の河原のお話は、子どもたちが早く死なないように、
お父さんやお母さんからみんなが大事に思われているからこそ、作られたお話なんです。
みんな、一生懸命にがんばって生きて下さい」

う~ん、我ながら、どっかで聞いたようなセリフばかり・・・


帰宅後、朗読に関しては合格〇をいただきました。
でも・・・
コメントはダメ出し!をくらっちゃいました。
トホホ・・・
「離婚して片親しかいない子もいるし、
親に大事にされていない、育児放棄みたいな子もいるかもしれないでしょ!
私のメールの通りに言えばいいのよっ!!」

そのメール。
「親を悲しませたらいけない、という脅かしの意味が大きいと思うけど、一番大事なのは、
それぞれみんなが与えられた命を精一杯生きることです。みなさん、これからもがんばって生きてください」

それって、絵本『極楽』のメッセージそのものじゃない!?


ちなみに。
うちの娘はニタニタ笑って、隣の子にちょっかいだしてました。
一番フマジメダヨ。うちの娘ちゃん・・・。
(小さいころから何度も何度も読み聞かせたのと、
親が二人とも学校に来て、
しかも読み聞かせたのでウレシハズカシ状態・・・)
絵本・地獄絵本・地獄
(1980/08)
不明

商品詳細を見る
話題のトラウマ&バッチリしつけ絵本!
今や、これを読んで育った親が子どもに読み聞かせている・・・!

絵本 極楽絵本 極楽
(2009/06)
西川 隆範

商品詳細を見る
ブログ管理人が監修をしております!(えらそう…)美しい極楽の絵本です!

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。