--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_09
09
(Sun)07:11

『盂蘭盆経』、現代語訳~! その1

さて、なんで今ごろ?感のある、盂蘭盆経の現代語訳でーす!
一応、この夏に約束しましたからね。
「気が向いたら、訳します」って。

まあ、そんなにムヅカシイ漢文でもないんで、
訳もそんなにややこやしくありませんね。
一回では長ーくなるので、何回かに分けてご紹介してから、
少し説明的な記事でも書きましょうか。
ワタシメの基本方針として、極力専門用語を使わないようにしておりますので、
そんなにつまづかずに読めるかとは思いますが、
「これ、ゆうといた方がええなあ」
という部分も、若干箇所、ありますんで…。

とりあえず、冒頭のいいところまで。

質問ある人、コメントにどうぞ!



仏の説きたもう盂蘭盆経

私はこのように聞いております。
御仏が舎衛国の祇園精舎に留まっておられた時、
(釈迦十大弟子の筆頭として、神通第一と讃えられる)大目乾連様が初めて六神通を得られた時のお話です。

目連様は、六神通を得て
まっ先にご自身を養育して下さった父母の御恩のことを思い、亡きお母様が今どうしておられるのかを探されました。
その道眼でもってあらゆる世界を広く見渡しましたところ、お母様はなんと餓鬼道におられるではありませんか!

餓鬼に生まれ変わったお母様は
食べ物も飲み物もみつけられず、骨と皮ばかりになっておられます。
目連様は嘆き悲しんで、お椀にご飯を盛るや否や、
神通力でもってお母様のところへ駆けつけ、その食事を差し出したのでした。

お母様は左手でお椀を受け、右手でご飯をつかみます。

ところが
それを口に運び入れる前に、そのご飯は火と燃え上がり、炭となってしまうのでした。
もちろん、食べることも叶わないのです。

目連様は大声で泣き続けながら
大急ぎで御仏のところへと馳せ参じ、事の次第をつぶさに申し上げます。


御仏は目連尊者に述べられます。

「あなたの母は罪の根が深いところで結ばれてしまったのです。
もはや、あなた一人の力ではどうしようもありません。
あなたがいかに親孝行で
その素直な声で天地を動かせたとしても、
あなたの母のことは
天の神であっても、
地の神であっても、
悪魔・魔神たちであっても、
外道の道士たちであっても、
仏法守護の四天王神たちであってさえも、
どうすることもできないのです。

ただ唯一
十方の衆僧たちの威光ある神通力を集めることによってのみ、
あなたの母は苦しみから解き放たれるでしょう。

私は今からあなたのために
〈餓鬼道からの救済の方法〉を説き示しましょう。
これによってのみ
憂い苦しみから解き放たれ、罪の障りを消し去ることが出来るのです」
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。