--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_09
14
(Fri)15:36

盂蘭盆経の、用語解説。〈修行編〉

でわ。盂蘭盆経を読むにあたっての解説を、ぼちぼち始めまひょか。

まずは用語の解説から。仏教用語って、数字がらみが多いんだよね。

最初は、木曽的、ちがった、基礎的な修行に関するおことばから。


「六神通」
目連尊者さまが得意だった、仏教的な超能力。
目連様は、人呼んで仏弟子のなかの“エスパー伊藤”!?(←怒られるゾッ)

えー、肝心の内容ですが、
まずは〈天眼通・てんげんつう〉。どこでも好きなとこが見れるやつ。いわゆる“千里眼”。
つぎに〈天耳通・てんにつう〉。あらゆるところの声が聞けるやつ。いわゆる“デビルイヤーは地獄耳”。
三ばんめ、〈他心通・たしんつう〉。他の人の心がわかるっちゅうやつ。“テレパパテレパパ、テレパシー”。
四つめ、〈宿命通・しゅくみょうつう〉。みんなの運命が見えるっちゅうやつ。占い師が持ってるらしい能力。
五つめ、〈神足通・じんそくつう〉。どこでも好きなところに行けるっちゅうやつ。“どこでもドア(←そっちかい!)”。
そんでラスト、六つめ。〈漏尽通・ろじんつう〉。漏れなくなるんです。(なにが!?)いや、「漏」が“煩悩”って意味なので、煩悩がなくなるってこと。これって、わかりにくい感じだけど、よく考えたら究極だよね。

目連様がお母様を探された〈道眼・どうげん〉っていうのは、この一番目、天眼通のこと。
だいたい、中学生男子が欲しいのは天眼通と神足通やろな。
でもネットって、けっこう天眼通なツールかも。

(ちなみに、現在のすべてを知る天眼通、自分の過去すべて、他の生き物の過去すべてを知る宿命通、苦しみの輪廻から脱け出す方法を悟る漏尽通の三つを、特に「三明・さんみょう」といいます。
これはお釈迦様が覚りに至る段階の最後に得られた能力なのです!)


すでに、濃度の高い解説でありんす。



さて修行編、お次は「四道果」。
これ、ワタシメもわかんなかったので、調べました。(『お盆のお経 盂蘭盆経講話』由木義文 仏教書林中山書房、参照)
お盆のお経―盂蘭盆経講話 (1983年)お盆のお経―盂蘭盆経講話 (1983年)
(1983/08)
由木 義文

商品詳細を見る

これによると、まず「四道=完全な悟りを開くに至る四つの道」というのがあってぇ。
1.加行道(けぎょうどう)・・・迷い(煩悩)を断じ、悟りに向かうための予備的な修行のプロセス
2.無間道(むけんどう)・・・迷いを直接的に断ずるプロセス
3.解脱道(げだつどう)・・・悟りを実現してゆくプロセス(真理を悟る)
4.勝進道(しょうしんどう) ・・・さらに勝れた修行をし、解脱の完成に向かうプロセス(悟りを完成させる)

だから、それぞれ「四道」の結果を得た方々、ということなのかな?
「四向四果」とは違うんかなぁ?
まあ、どちらにしても、段階的な悟りへの修行ってことなんでしょうね。


続く、「樹下に経行する」。経行とは、“座禅中の疲れや眠気を取るため、歩いて体を動かす所作”。禅宗では「きんひん」と読みますね。
ここらは、むしろ気功法の「歩行功」ではなかろうか、と。ゆっくり歩みながらの瞑想。
“樹下”って、インドでは日差しがきついでショ?ぼーっと、なーんも考えられないくらい暑いから、大きな樹の陰は、チョー有り難いらしいです。
現代日本で言うと、“ドライサウナに住んでいる人が、クーラーの効いた部屋でたまに考えごとする”くらいの快適さ、のはず。「樹下」一語も、読み流せませんなあ。


さてさて、お次は「十地」!
これは『華厳経』に説かれる教えで、菩薩が仏へと至る修行段階・五十二位のうち、最後の41~50の十段階のこと。(→こちらのリンク様に詳しく書かれています。)
ざっと書くと、
1.歓喜地(かんぎじ)
2.離垢地(りくじ)
3.発光地(はっこうじ)
4.焔慧地(えんねじ)
5.難勝地(なんしょうじ)
6.現前地(げんぜんじ)
7.遠行地(おんぎょうじ)
8.不動地(ふどうじ)
9.善慧地(ぜんねじ)
10.法雲地(ほううんじ)

中身の詳しい説明は、ワタシメのこっちのブログで。→『21世紀新訳・仏教経典(抄)  宇宙の仏-華厳経  ~菩薩の十段階 その2』
つまり、この『盂蘭盆経』で言われるところの菩薩とは、菩薩様たちの中でも、すんごい方々ばっかり、ということ!


うーん。修行に関する専門用語だけで疲れてしまった。
本日は、ここまでで、かんべん。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。