--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_02
07
(Fri)13:03

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の原典、よみやすい現代語訳~!

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』、
原典があるんだって!
ツレのお坊様のブログに原文(←リンクはこちら)が紹介されていたんで、
ついつい現代語に翻訳してみました^^。

もともとは、ポール・ケラスというドイツ人のおっさんの書いた「蜘蛛の糸」らしい。
だれだ?それ?(←なんてもの知らず…!)
いやいや、ちょっと調べてみると、19世紀末にアメリカ在住で活躍された作家にして哲学者で、
東洋思想にも通じていた、とか。
その仏教的な教訓の短編集『カルマ』のなかの一編がこの『The Spider-web』というわけ。

この本を、当時の著名な日本人仏教者、鈴木大拙が『因果の小車』というタイトルで翻訳なさっておられまして、
今回はその古めかしい日本語訳をやわらかい現代語に訳しなおした、ってなあんばいでござんして…。

せやから、
原典の翻訳の翻訳
になるわけでんな!


というわけで、
ここに公開いたしまひょ!


小さなカルマの歯車:“蜘蛛の糸”の信心


慈悲深い僧侶が、
ていねいにマハードゥータ(大いなる白)の傷口を洗って清めていると、
かの盗賊は自らの罪を反省し始めた。

「わたしはあまりに多くの悪いことをして来た。
善いことなどひとつもしたことがないのだ。
わたしはどうやってこの罪から逃れられるのか。
〈我執〉という
“ひとつの妄念より噴き出して天までも溢れかえる罪の網”を。

わが〈カルマの報い〉は、
わたしを必ずや地獄へと連れて行くだろう。
〈カルマから解き放つ尊い御教え〉には、ついぞ巡り合えなかった」と。


そこで僧侶は語り始める。

「“善いおこないが善い結果を導き、
悪いおこないが悪い結果をもたらすこと”が
〈天の定められた道〉ですので、
あなたがこの世でなしたおこないの罪というものは、
必ずや巡り廻って来世に報いを与えることでしょう。

しかしだからと言って、絶望してしまってはいけません。

〈真実の御教え〉に帰依して、
〈我執〉という“妄念の草”を刈り、“根絶やし”に出来たならば、
やがて〈一切の劣情の想念〉や〈罪を犯すような欲望〉から離れることが出来るようになり、
ついには〈自分のため〉、〈人のため〉に十分な働きをすることができるようになるでしょう。


ここにひとつの例をお示しいたしましょう。

むかし、
カンダタ(白い睡蓮)という大盗賊がいました。

かれは自らの罪をまったく顧みることもなく死んでしまったので、
地獄へと堕ちてゆきます。
恐ろしい亡霊や殺人鬼の悪魔たちに日々、苦しめられて、
〈大いなる苦しみと大いなる悩みの淵〉へと沈められ続けるのです。

かれは〈7カルパ(302億4000万年)〉もの長きにわたって苦しみ続けましたが、
抜け出ることはできませんでした。


その時に、
〈ジャンブー樹の繁る大地〉に〈仏陀〉がお現れになられたのです。

“菩薩としての最期の人生”の中でついに
〈大覚(アヌッタラ・サムヤク・サムボーディ)〉の位への上昇を果たされたのです!

これこそまさに
“宇宙の始まりより前にも起こったことはなく、宇宙が滅んでからも起こることはないほどの出来事”でした。

〈六道輪廻の世界の千の集まりの、さらにその千の集まりの、さらにその千の集まりのありとあらゆる世界すべて〉が
〈仏陀の偉大なる光〉に照らされて輝き破られ、
〈決して光のさすはずもない地獄の苦しみの底の底〉にまで、
その〈尊い光〉は達したのでした。

それは、“一筋の細い糸のような光”ではありましたが、
〈カンダタはじめ地獄の亡者たち〉の上にも輝き渡ったのでした。

かれらの喜びようはたとえようもありません。
〈絶望〉しかなかったかれらが、
ふたたび自らに〈生命〉を取り戻し、
〈希望〉を胸に活動を始めたのでした。


カンダタは叫びます。
『“大いなる慈しみ、大いなる悲しみ”をお持ちの〈御仏〉よ!
願わくば、どうかわたくしにも憐れみをお垂れくださいませ!
わたしの苦悩は非常に大きなものです。
わたしは確かに罪を犯しました。
もしやり直せるのなら、
今度こそは〈正しい道〉を歩んでゆく心であります。
しかし
どうやってこの〈苦しみの世界〉から抜け出せばよいのかがわからないでいるのです。
〈世にも尊きお方〉よ、
願わくば、このわたくしを憐れみになってお救いくださいませ!』と。


〈仏陀〉はお考えになられます。

『たしかに、
“悪いおこないの者に悪い結果が訪れる”というのは〈“カルマの報い”という定理〉である。
“悪を働く者は、最後には滅ばなければならない”のだ。
しかし
〈最初から最後まで悪を貫き通して“悪の化身”となってしまうような者〉も、おりはしない。
そもそも、
そのような存在など“あり得ないもの”なのだから。

〈善いおこない〉こそが、〈生へとおもむく道〉である。
わたしたちの〈一つのことば、一つのおこない〉には終わりがあるが、
〈善いおこないの結果、進歩してゆくこと〉には終わりなどあるはずもない。
たとえ〈小さな一つの善〉であったとしても、
その内には新しい〈善のたね〉がある。
それは留まることなく育ち、成長してゆくであろう。

〈迷い苦しみの三つの世界〉を輪廻転生する間であっても、
〈自らの心を養うこと〉限りないものがあるはず。
最期には、
〈万(よろず)の悪〉を除き切って、
〈無上の覚り(ニルヴァーナ)の城〉へと至ることも出来るであろう』


ここへ思い至って、
〈御仏〉は
地獄の中で苦悩しているカンダタの熱烈なる望みを受け止めておっしゃられたのでした。


『カンダタよ。
汝はかつて、
“思いやりの優しさ”からおこないをしたことはなかったですか?
これがあれば、
汝にその報いが今また訪れて、汝自身をそこから救い出すことでしょう。

しかし見たところ汝は、
〈自らの罪のカルマにふさわしい報い〉を受けていて、
厳しく責め苦しまされているようです。
それらの苦しみによって〈我執〉からすっかり抜け出し、
“むさぼり・いかり・おろかさ”という〈恐ろしい三つの毒〉を洗い清めなければ、
たとえ〈永いカルパ〉を経ても、
〈苦しみからの解放〉へとたどり着くことは出来ないでしょう』


カンダタは黙ってしまいました。
かれは残酷な人間でしたので、
生まれついてから一つの善いことさえしたことがなかったので、
なんにも思いつかなかったのです。


しかし
〈真如の世界へ到り、真如の世界から戻って来たお方(タターガタ/仏陀)〉は
知らないことなどありませんでした。

この大盗賊の一生涯のおこないをすべて見てみると、
こういうことがあったのです。

かつて森の中で、
かれは小さな蜘蛛が地面でうごめいているのを見ました。
その時に、
『こんな小さな虫けら、害もないだろうから、踏み殺すのも残酷だな』
と一瞬、思ったのでした。


〈仏陀〉はカンダタの苦悩を見て〈慈悲の御心〉を起こされ、
“一本の蜘蛛の糸”をカンダタの元までお垂らしになります。
そしてその先で、
小さな蜘蛛にこう言わせたのです。

『この糸をたよりとして、昇って来なさい』と。

蜘蛛はすっと上にあがります。
カンダタはあわてて、力いっぱい蜘蛛の糸にすがりつきます。
そうすると、
不思議や不思議、糸は切れることもなく、次第に自分の体を宙へと吊り上げるではありませんか!


ところが途中から、
突然糸が震えて揺れます。

驚いて下の方を見ると、
かれの仲間である〈地獄の亡者たち〉が、
カンダタが吊りあげられるのを見て集まり、
自分も助かろうと昇り始めたのです!


カンダタはこれを見て言い知れぬ恐怖にとりつかれます。

『糸は細いのだ。
蜘蛛の糸だから、弱いだろう。
もともと、
吊り上げられている途中で切れてしまう危険もあるのだ。

それを、
あんなにも多くの者たちがすがりついているとなれば、
ますますそうなってしまう!』


ところがこの蜘蛛の糸はかれを吊り下げるには十分の強さがありました。
本当に不思議なことです。


カンダタは、
さっきまでは
“上へ行くこと”だけを心から望んでいたはずだったのに、
このことがあってからは、
下の方ばかりに心を奪われてしまいました。

〈御仏を信じ仰ぐ心〉さえ、
だんだんと乱れてきてしまったのです。

(こんな細い糸で、無数の人々を助けられるはずもない…!)と。

ひとたび疑いの念が生じると、
もはや恐怖の想いをとどめることが出来なくなってしまいます。

思わず
『来るな!来るな!この糸はわたしのものだ!』
と大声で絶叫するカンダタ。
その瞬間、
糸はたちまちにぷつりと切れて、
カンダタはまたもや奈落の底へと堕ちていったのでした」


・・・


「〈我執〉というみだりな想いが、
なおもカンダタの胸の内側にはわだかまっていたのです。

かれは
“上の方へと昇って〈仏法という正しい道〉の大地を踏みしめようと〈信心〉を定めること”の
〈不可思議なる力〉を
理解していなかったのです。

ほんとうに、
この〈信心〉という一念のか弱さは“蜘蛛の糸”のようだけれども、
果てしない数の生き物たちがすべて、
この“細き糸”にひかれてこそ、
〈苦しみから解き放たれる道〉へと到り着くのです。

だから、
“救われよう”とする生き物の数が多ければ多いほど、
『この細き糸こそ〈正しい道〉へと容易くたどり着く事が出来る方法なのだ』
と了解すればよかったのです。


ところが
ひとたび〈我執の念〉にとりつかれてしまって

『これはわたしのものだ。
この先にたどり着くであろう〈正しい道の福徳〉も、わたしひとりのものとするのだ』

などと想い誤ることがあれば、
“一縷の糸”はたちまちに切れてしまって
あなたも〈我執〉の巣へと戻り込んでしまうことでしょう。


つまりは、
〈我執の念〉こそが“滅び”そのものであり、
〈真理〉とは“生命”そのものなのです。

そもそも、
いったい〈地獄〉とはなんなのでしょうか?

〈地獄〉とは〈我執〉の別の呼び名であり、
〈すべてからの解放(ニルヴァーナ)〉とは〈正しい道を歩む生涯〉にほかならないのです」



僧侶の説法を聞き終わって、
瀕死の盗賊マハードゥータは静かに悲しんで言った。

「どうかわたしに蜘蛛の糸を手に取らせてください。
わたしは必ずや、
地獄の深い深い穴より抜け出してみせますから」
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。