--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_07
23
(Fri)22:03

さてさて、宗教のチャンポンの作り方と、そのテンマツ・・・

 ちょっと宗教的なことを勉強しだすと、
よく
「いろいろな宗教の神さまって、本当はいっしょじゃないの?」
って結論風のところにたどりついたりするんだけど、
はたして、そこまで言っちゃっていいの!?

いや、じぶんがそうだったから、言えるんですけどね。
大学生のころ、そんなこと言ってたな~
いやー、青い青い!
(←いまだに○○は青い)

しかし、とある神秘体験をした、わりと著名な方が、
講演会のあとの質疑応答のときに
「いろいろな宗教の神さまって、本当はいっしょじゃないの?」
と質問されて、
いかにも堂々と
「そうです。」

と言っちゃってました。
ダメだこりゃ。

この点について、盲を開いてくださったのは、
何を隠そう、西川隆範先生だったのでした。
(←いっしょに『絵本 極楽』を作らせていただいた、シュタイナーの翻訳家の先生です。)

若かりし学生の日に、ワタシメいわく、
「先生、阿弥陀仏とキリスト存在って、結局はいっしょだと思うんですよ。」
(←「結局は」とか「要するに」とか、チャンポン料理人の定番のキーワードです!)

「・・・どういうところが共通しますか?」
「(シドロモドロに)ええっと、両方とも、死と再生を司るところと、
象徴的には西の方角に関わりの深い点、
また、両方とも紀元前後に人類の歴史に登場してきているところ・・・」
「・・・確かに、人間から見て、似通っているように思える点もありますね。
では、反対に違う点というのはないでしょうか?」
「ええっと・・・(もっとシロドンモドロンに)
仏教の阿弥陀様は仏様だからどこまでも慈悲を本質としているけれど、
キリストの方は例えば異教の神殿など壊させたり、激しい一面もあります・・ね。」
「なるほど。
こういう問題は、非常に厳密に、様々な角度から検討を重ねなければなりません
なにせ、向こうの世界、神仏の世界のことですからね
もちろん、そういう推測をたてて詳細に検討していく、ということも大事なことですよ。」

・・・いや、もうこれ以上のことわからないんですけど。
(と、その時は思ったのでした。)

全くもって、自分の勇み足を思い知らされたのでした。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

takeshi様、この度はおさみしゅうございます。

また、閲覧いただきまして、ありがとうございます。

takeshi様の質問は、なかなか鋭くって、楽しく答えさせていただきました。



もしご迷惑でなければ、takeshi様の質問はこのブログの閲覧者の方々にも参考になるかと思いますので、

記事の内容に関係なく、コメント欄にて質問いただければと思います。

そこで答えさせていただきます。



また、ネット上で公開されると都合が悪い場合もあるかもしれないと思い、

このブログ用に、メールアドレスをgmailにてつくりました。



souryoeishin@gmail.com



こちらに質問いただいても結構です。



お気づかいのお言葉、ありがとうございます。

takeshi様、ご家族様もどうぞご自愛くださいませ。



合掌。

2010/07/26 (Mon) 10:13 | えいしん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

こんばんは。



先日(7/22)、戸塚の葬儀場にて少しお話させて頂いた者です。



その節は素人の質問に対してご丁寧な解釈ありがとうございました。



えいしんさんの、視野を広くお持ちになり、多角度から仏教を分析しつつ素人に噛み砕いて説明されるというご姿勢が

素敵だな、と感じました。





本ブログも最新のものから少しだけ遡って拝見させて頂きました。



個人的には7/15のような「日本人の一般人が考えてそうなことに解釈をつける」というようなものが面白いな、と感じました。



お会いした日以来、普段の生活を送っている中でちょこちょこ「えいしんさんにお聞きしたいな」ということがあります。ブログをご教示いただいて見つけましたので、今後は思いついたら都度ご質問させて頂ければと思いますがどのような形でご質問させて頂いたら宜しいでしょうか。



一年で一番暑い+寒暖の差が激しい時期で、且つ一番お忙しい時期だとは思いますがお体に気をつけて頑張って下さい。

2010/07/25 (Sun) 23:48 | takeshi @Nagoya City #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。