--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_07
29
(Thu)22:17

みんなの目はフシアナだ!?

さてさて、前回の答え合わせですよ~!



“利他=エゴ”

そんなわきゃねーだろ(怒)!



はい、その通り。

そんなわきゃ、ありませーん。

(ここで、「お湯が涌きゃ、有馬おんせーん!」とかいうと、火に油だな。)





利他行とは、どこまでも相手のためにのみ、行うこと。

決してみかえりを求めてはいけません。

っていうか、この言い方がすでに、みかえりをガマンしてるんですね。

強いて言えば、純粋に相手のためになれれば、それを一点の曇りもなく、無邪気に喜べる(しかもそれに全くこだわらない)っていう…



まあ、ムリです!

人間には!

これはすでに、仏様、菩薩様の境地デスネー。



たかだか人間風情、すなおに自分のために生きた方がいいですよ~!

ていうか、私たち人間っていう在り方が、どこまでも自我に、エゴにからめ取られた存在なんです!

強いて言うなら、私たち人間の視野とは、「自我」というトタンに囲われた掘っ建て小屋の、木の板のフシアナから外を覗き込んで眺めているみたいなもんで、

「ろくろく見えない」

「しがみついてる小屋もボロボロ」

「でも、その中から眺めてるのが落ち着く」

みたいな、

仏様から見たら笑っちゃうくらい哀れな寄りどころにしがみついて、曲がったものの見方をしている、

そんなものかと思われます。

たぶん。

きっと。

たんこぶ。(←なんだそれ!?)



というわけで、

長くなっちゃったんで、続きは次回!

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。