--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_08
19
(Thu)23:43

「心のなかに神はいる」画像、公開~!

 さて、「画像をアップすると、ウケル」と人にアドヴァイスいただきましたが・・・
どうも、おやじシャツにパンツいっちょでPCをいじってる姿を載せるわけにもいかず
(←当たり前だろッ!)
とりあえず、昔撮った写真を携帯のカメラで又撮りして取り込んでみる、
というずさんな荒業をやってみました。

それが、これだ!!


ちょうど2000年に、イギリスに渡英したとき(←頭痛が痛い、と同じマチガイだ…)
V&A museumでこの彫像に出会いました。

マリアさまの胸の中央に、幼子のイエスさま。
私が昔から持っていたイメージの、
「心のなかに神はいる」
そのものであり、
神々しくも、みずみずしく、
たおやかに美しくって、

ズキュゥーン!!
と心臓を打ちぬかれちゃいました。

日本に戻ってきて、知り合いの日本画家のお兄ちゃんにこの感激を伝えたら、

「一人の職人さんが、一生に一つしかできへん、最高傑作ってあるもんなんや。
あんまりぱっとせんかった人でも、これだけはほんますごいなー、みたいなやつ。
もしかしたら、
それだけで燃え尽きてしもてもうあかんようになった、みたいなもんもあるんかもしらん。
なんせ、
この大英帝国のV&Aあたりは、
そんな誰かの唯一の最高傑作、みたいなもんがゴロゴロしとるんやで。
これも、だれが彫ったかわからんけど、
・・・
たしかにすごいなあ。」

・・・もっと、素直に褒めたらんかい!!


ちなみに、V&Aって、Victoria女王とそのダンナのAlbert公のこと。
あの、この二人がね、万国博覧会の元祖、なんですよ!
V&Aは、この博覧会の会場跡地に、残された展示品を無料公開したのがはじまりなんだって。
工業デザインの質向上を目的にはじまったため、
デザイン資料の充実ぶりは、ハンパない。
ちょっと調べてみると、資料の閲覧も自由で、
デザイン好きにはまさに垂涎ものかも。
ちなみに、オフィシャルサイトはこちら


あ、そういえば似たような図柄で
こんな絵もありました。


これは学研の『気功の本』から。
気功の修行のはてに、
身体の芯に、「真人」が生まれる、というもの。

う~ん、ちっちゃいおっさん?

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

桃 様、コメントありがとう御座います!



>『心の中に神仏を感じる心がある』



素晴らしいですね!

私が長い間、表現できなかったモヤモヤが、

はっきりとわかりましたよ!



我が浄土宗は

経典通りに「西方に、極楽浄土がある」

と受け止めまして、

他の宗派の主張する

「己身の弥陀、唯心の浄土」

というものを否定するんです。。

両方の主張の言い分もわかるなあ、と、

なんとか折衷案を示せないものか、と考えていたのですが、

桃様の

『心の中に神仏を感じる心がある』

という言い方は、ピッタリですね!

是非、この言い方を使わせてください!



また、整理がついたら、このことで記事を書きたいなあ、と思っております。



合掌。

2010/08/24 (Tue) 14:28 | えいしん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

>「心のなかに神はいる」





こういう思想も良いのかもしれませんが、奥深く自分を観つめると『心の中に神仏を感じる心がある』と私は想ってしまうのです。

他者(人)との出逢いでも、どんなに慈悲深く自分を助けてくれるような人と縁で巡り合っても、自分が皮肉れていれば、素直に他者の気持ち(想い)すら感じ取る事もできません。

勿論、神仏は偉大な存在なので目には観えませんが、自分の感じる心(受け取る心)でいかようにも未来が変わるのではないかと・・・・

神仏の願いや想いは差別ないのに、受け取る側で変化するのではないでしょうか?





2010/08/21 (Sat) 11:46 | 桃 #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。