--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_09
01
(Wed)00:37

写経の話 その2 ~シャキョウに願いを…

さて、複製作りから始まった写経ですが、
そこに別の意味がプラスアルファされるのに、あまり時間はかかりませんでした。
(というか、ほぼ同時?)

だいたいが、文字自体が恐ろしいほど意味の詰まった力のあるもの。
それが、気の遠くなるほど組み合わさった一切経は、
スーパーマジカルパワーのかたまりッ!
みたいなもの、なわけです。
そのムンムン発するお色気、
違った、
ご利益で、
必ずや、何かいいことがあるであろう…!
まあね、国レベルで、ハッキリ言うと天皇がパトロンですから、
そういうレベルでのいいことって、
「国家安泰」
でしょ!?
もっと詳しく言うと、
戦争が起きませんように。
災害が起きませんように。
農産物が豊かに実りますように。
それから、
天皇の玉体安穏。
なワケです。

そう言った願い、祈りを込めて、写経をする。

人間の考えることです。
わかりやすいでしょ?


でも、一切経じゃあ、ちょっと大変過ぎるよ、マジで。
ちょ、センパイ、マジっすか!?カンベンしてくださいッスよ~
と、なんだかカタカナの多い体育会系男子な日本語になってますが
(←どうでもいいッス)

じゃあ、どのお経が一番効き目があるんにゃ?

という話になってですねぇ、
選ばれたのが、
『金光明経』
『法華経』。

これを日本中に国分寺・国分尼寺を建てて、それぞれのお経を安置し、祀らせた、っちゅーワケです。
今でも、日本中に国分寺があったり、地名として残ってたりするでしょ!?
国分太一くんとか。
(←なーんや、ソレ!)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。