--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_09
04
(Sat)12:05

写経その3 雑な鉄砲も数打ちゃあたる!?  ~ねずみ心経って、知ってる?

 んもう!我ながら記事タイトルが長くっていやんなっちゃう!
(また、どうでもいい書き出しだな・・・)

さて、複製→祈願のための写経(しかも国家規模)
を見てきたのですが、
だんだん

個人としての信仰のための写経

へと移行してゆくわけです。

さて、写経といえば、現在大人気!NO.1!の
般若心経
ですが、

実は昔も大人気!でした。
(そーなんだ!)

奈良時代、玄(げんぼう)というお坊さんが、一切経を中国から持って帰ってきました。
それを奈良の都の北東のすみっこに建てたお寺に安置して、
そこでまた全部写経したんだそうです。
・・・大変やねえ。

あ、そのお寺は今でもありまして、
海竜王寺さん

別名を、すみっこの寺だから、
隅寺
というのです。

そして、ここで行われたもうひとつの写経が・・・

そう!般若心経!

ここで、大量に般若心経の写経が行われたんです!
詳細は、ちょっと不明なんですが
(昔、飯島 太千雄氏の著作に紹介されていました。今、手元になくって確認できません・・)
長ーい紙にぶっつづけで写経されたらしく、
そのぶつ切りが一部、伝わっており、
「隅寺心経」として、名筆として大変重宝がられております。

かの弘法大師が中国に行く前に、千日間お籠もりをして、一千巻写経された、とか・・・

なんせ、大量に書いて、祈願をしたんです。
広くは、国家のため。
そして、最後に申し訳程度に、
自分の父母の菩提のため・・・

だんだん、個人の信仰、近親者の追善のための写経に移行してゆきます。


あ、それと、鼠心経
これ、聞く話によると、
毎日百巻、般若心経を書いて祈願した、とか。
(未確認なので、鵜呑みしないで!)

「あ~、もういやんなってきた!」
「まだ、あと87巻あるで・・・」
「もう、こんなにいっぱい書いても、だれもチェックせえへんやろ・・・」
的な、なんとも極限までショートカットしちゃったような、お写経でーす!
(これも、弘法大師の真筆!って大事にされたりしてますんで、そこんとこヨロシク。)


あ、そういえば、ねずみセンパイって、どうしてるんやろ・・・
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

かずや 様、コメントありがとうございます!



そういえば、関西にいたころに

あちこちのお寺には行きましたが、

写経や座禅はしてないですね・・・



写経の伝統ある道場と言えば、京都・嵯峨野の大覚寺さんでしょうか。

真言密教のお寺で、般若菩薩さまのお経として『般若心経』をとらえているので、ただ「こころを空にせよ」みたいな写経ではなく、信仰にのっかった写経になる!?ように思います。



座禅も浄土宗の宗旨としても関わらないので、あまりいいアドバイスが出来なくって申し訳ないのですが、

ちょっと調べてみると、京都・祇園の建仁寺さんあたりが行きやすく、始まる時間もほどほどでいいんじゃないでしょうか?



よかったら、体験レポート、お願いします!



合掌。





2010/09/07 (Tue) 08:46 | えいしん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

写経をしてみたくて、体験させてくれるお寺を探しています。

でも京都、奈良だといろいろなお寺で行われていて、どこに申し込めばいいか迷っています。

どこのお寺がおすすめですか?



後、座禅体験のおすすめもあれば教えてください。

2010/09/06 (Mon) 20:37 | かずや #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。