--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_09
19
(Sun)05:41

お寺のお風呂、みーつけた!

 あれ?
写経のつづきは?

なーんて言わないでね❤

まだまだアレはつづきますから。
(書きだすと長くなっちゃうので、時間と気合がいるんです。)

たまたま調べ物で、お寺の浴室を調べてたら、
なんだかコピペばっかりでいやになっちゃってさ・・・

以下、コピペのコピペ

› 宣明とは、宗の禅宗建築を描いた巻物「大唐五山諸堂図」の中で風呂を描いた「天童山宣明様」という図にあるように、浴室の別名である。
› 首楞厳経のなかに、16人の菩薩が風呂の供養を受けた際、跋陀婆羅菩薩を始め菩薩達が忽然として自己と水が一如であることを悟ったことが記されている。そのときの跋陀婆羅菩薩の言葉に「妙觸宣明、成仏子住」とあり、宣明とは明らかであり、はっきりとしている言う意味である。この故事にならい禅宗寺院の浴室は宣明と呼ばれ、跋陀婆羅菩薩をお祀りしている。  禅宗では「威儀即仏法」といい、日常の立ち居振る舞いすべてが修行の場であり、浴室は寺院の伝統的な伽藍配置の建物の一つと言うだけでなく、修行の上で「心」と「体」の垢を落とすという意味で、重要な役割を果たしている。

最初は
へ~
と思うんだけどね。
どこのページもいっしょなんですぅ。
もっと違う角度からの情報、プリーズ!
(まあ、ネットの情報って、いいかげんだよね・・・
やっぱりちゃんと調べるんなら、それなりの本を探さなきゃ、ね・・・)

で、
じゃあ、なかはどうなってるんか、写真あれへんか!?
と探してみると、
ありましたー!

ああ、助かった。
ふーん、蒸し風呂とは聞いてたけど、こうなってるんか・・・
と、ブログ主さまに大感謝!です。

やっぱり、ネットっていいね❤
(←さっき言ってたことと真逆だろッ!!)
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

tatu様



おもろいやろ!?お風呂の写真。

あっちのブログ主さんは、写真も上手やし、毎日アップしてはるみたいやで!熱心やね~。



この明智風呂で、薬草を使ったりするんかは知らへんけど、

ちょっと調べたら江戸時代に塩風呂ってのがあって、松の生葉とかを焚いて(うわっ、煙そー)、むしろを敷いてその下に塩水まいて、蒸し風呂にする、というのがあったみたい。

なんやその、いろいろ効きそうやな。

ゴキブリ亭主もノックダウン?

・・・ちょっと自虐っぽいから、止めとこか・・・

2010/09/20 (Mon) 21:54 | えいしん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

桃 様、二度もコメントいただきまして、有難うございます!

恥ずかしながら、『仏説温室洗浴衆僧経』は

存じ上げませんでした。



ムムっ、、結構短い、手ごろなお経ですね・・!

面白そうだから、ちょっと訳してみようかな・・・



イカンイカン、今はそんなヒマないぞ!

それに、そんなことしてたら、あっちのブログになっちゃうよ!

そういえば、あっちのブログもそろそろ取りかからなきゃ・・!



ちょこっと紹介のつもりが、

お風呂もなかなか奥が深そうですね。

また今度、取り組んでみますね!



そういえば、弁天様のお経も、最初にお風呂なんだよな・・・

たっくさんのハーブ(というか、スパイス!?)入れて、

それで沐浴して準備OK!

みたいな。

(ちょっと、注文の多い料理店を思いだしちゃった・・・)



くだらないことばかり書いて、ごめんなさい。

ひとつの本質は、

「垢を取り除く」「塵を払い取る」

→「(煩悩の)垢を取り除く」「(煩悩の)塵を払い取る」

ということでしょうね。



これ、仏弟子のシュリハンダカの話にも通じるなぁ。



ああ、紹介したいことばっかり!

またぼちぼち書いていきますね。





おっと、病人にお風呂を施す・・・今はどうでしょう?

一昔前なら、

「ちょっとお隣さんにお風呂を借りに行く」

なんてこともあったでしょうが、ね。



しかし、病者や貧者こそ、我が慈悲心を耕してくれる恵みの田である、という考え方から、「悲田院(ひでんいん)」と言って、社会福祉事業のための施設を持っていた大寺は、昔からありますからね。

今風には、寺院経営による福祉事業が、それに対応するでしょうね。

ちょっと風呂からズレてしまいますが。



合掌。

2010/09/20 (Mon) 21:44 | えいしん #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

ほほぉ♪文章をみてもピンとこなかったけどもリンク先の写真がなかなか良いね。

呼吸器系とか皮膚病なんかに蒸し風呂は効き目ありそうな気はするけどもどんなだろ?

薬草なんかも一緒に蒸したりしてたんやろか。

2010/09/20 (Mon) 18:43 | tatsu #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

寺院などにおいて、貧しい人々や病人を対象として入浴を施すことを施浴として布教や勧進活動として修行としていたと聞いたことがありますが、現在でもあるのでしょうかね?

2010/09/19 (Sun) 22:31 | 桃 #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

No title

お寺のお風呂と聞いて、、『仏説温室洗浴衆僧経』と呼ばれる経典を思い出してしまいました。

写真、興味深く拝見させて頂きました。

お風呂も色々な意味があるのですね。

2010/09/19 (Sun) 22:01 | 桃 #79D/WHSg | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。