--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_02
08
(Tue)23:23

「あみだくじ」は、最初からお遊びだったのか!?

おお、そういえば、「あみだくじ」の話でしたよね。
語源を調べても、楽しそうな遊びのことしか出て来ないので、
ちょっと推測なのですが、書かせて頂きます。

まず、あみだくじの語源を、コピペ。(wikiより)

・あみだくじは、室町時代から行われていたが、
現在のあみだくじと違い、真ん中から外に向かって放射線状に人数分の線を書いて、それを引いたものであった。
そして、これが阿弥陀仏の後光に似ていたことから、この名がついた。
・もともとは、人数分の線を引き、一端にそれぞれ異なる金額を書いて隠し、各自が引き当てた金額を出させ、
集めた金で茶菓子などを買い、平等に分配する仕組みだった。

ええっと。なんだか楽しそうなんだけど。
まあ、今のあみだくじも“お遊び”だから、そうなのかもしんないけど。
だけど、なんだか釈然と来ない。

どうしてか。
“お遊び”のクジと、阿弥陀様とが、しっくり来ないんだな。

まずですねぇ。
“阿弥陀様の後光”といいますが、あの放射状の棒のタイプは、今でいう浄土真宗の方の阿弥陀様なんです!
ちょっと、資料ゼロで、フィーリングで書いてみたんですけど。
CA3F0003_convert_20110208231817.jpg

ふふ。まあ、「へただ。」という“気付き”は胸のうちにしまってもらって。
(あ!左右の手、上下反対か!?ま、いいや。)
このタイプの阿弥陀様を拝んでいたのは、室町時代だと、「一向宗」。
いわゆる「門徒」さん。(今でも真宗の人は門徒と言います。)

門徒さんたちが集まって、相談事をしているわけです。
「おい、今度の○○役、誰がやるんだ?」
「ここにいる者のなかから決めるしかねえ。」
「よし、誰がなっても、恨みっこなしだ。この籤は、それこそ阿弥陀様のお計らいだからな。」
そういって、人数分の籤を、まあるく紙に書き、「○○役」とどこかに書き入れて、
CA3F0004_convert_20110208231921.jpg


それを一人の手のひらでまったく見えなくしてしまってから、めいめいが籤の外側に名前を書き込む。
全員の名前を書き終えると、中央の手のひらを、えいやっ!と外す…!
CA3F0005_convert_20110208232002.jpg


「お…、俺が○○役だ…。」
「そうか、与一か…。よろしく頼むぞ。」
「阿弥陀様のお計らいだからな。恨みっこなしだぞ。」
「みんなで与一を助けるからな。頼んだぞ。」

ちょっと辛気臭いけど、おそらくはこんな感じで、
“阿弥陀仏の信仰者の集まりで、阿弥陀仏の意志の表れとしての籤”だったのが、
「阿弥陀籤」だったのではないかなあ、と。

これが、飲み会の幹事を決めるくらいの話ならいいのですが、
たとえば一揆のリーダーとか、
いわゆる“五人組”的な連帯保証仲間の重い役とか
(五人組自体は江戸期の制度ですが、類似のものは古代からありますゆえ)
そういう“負の歴史”がないと、
「阿弥陀様」のお名前を背負わせる重みが説明つかないんではないかな~、なんて、思っているのです。


最初から、お金集めのゲームじゃあ、ね。いくらなんでも、ふざけすぎだよ。

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

今でも学校のPTAの役員の係(代表、副代表、会計、書記、広報など)や町内会などは、話し合いで決めると決まらないとか後々、不満があるなどの理由から、「あみだくじ」で決めるところが多いですね。
これが、たかが籤と思っても後で考察すると本当に適任の役についていることが多いです。
前にそのような係を決める時に、あみだくじをして決めたのですが、「天が決めたことなので不平不満なしで1年間頑張って下さい」と・・・
その方は無意識で「天が決めたこと」、と言ってましたが、今回、記事を読ませていただき、なるほど「阿弥陀様ね」と思い納得いたしました。
ありがとうございます。
これも生活の智慧で「あみだくじ」は何かを決める時、有効ですね。(特にお互いの人柄を知らない集団生活の場では)

2011/02/09 (Wed) 12:17 | 桃 #- | URL | 編集 | 返信

桃 様、
貴重なご意見を有難う御座います!

なるほど、確かに知らない者同士が役を決める、というのは、なかなか難しいものですね。
そんな時には、今でも十分に力を発揮するのが、
この「阿弥陀籤」なのですね。

みんなが阿弥陀様のことをよくご存知でしたら「阿弥陀様のお計らい」と言えるのですが、
自称「無宗教」の方や、
カルト宗教アレルギーの方、
逆に特定カルト入信の方の入り乱れる昨今では、
「天が決めたこと」くらいのぼんやりした言い方の方が、
波風が立たなくていいのでしょうね。

でも、この記事を読まれた方は、せめてルーツが「阿弥陀様」ということくらいは、
明確に把握しておいて頂きたいですね!

さて、書きためていた記事を一通り吐き出しましたので、
また記事をアップしたりしなかったり、かもしれません。
また、ほどほどに遊びに来て下さい。

2011/02/10 (Thu) 07:17 | えいしん #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。